こんにちは。ぷぷるです。

 

100円ショップで海外アニメや映画が買えるって知ってますか?ありえないほど安いですが、海賊版ではないので安心して買って試してみると良いかも。

 

 

スポンサードリンク

 

 

10話入って100円!!

トムとジェリーや、昔のミッキーやドナルドの短編集などは1話がだいたい10分ぐらいです。

それがだいたい10話ほど1枚のDVDに入っています。映像は古いものなので、画面のサイズも今のように横長の長方形ではなくブラウン管テレビの形で正方形です。

音声はたいていの作品が、日本語、英語、韓国語で収録されていて、観るときに字幕ありなしなどももちろん選べます。

セリフが少ない作品もあるので会話のやりとりを学びたい時は、その中から選ぶ必要はありますが、少しのセリフから挑戦してみるには持ってこいではないでしょうか。

なぜ100円?

著作権の期限が切れている作品だから、こんなに安く販売できているそうです。

10枚買っても1000円だなんて、嬉し過ぎますよね。

 

著作権の原則保護期間は以下の通り(公益社団法人著作権情報センターのホームページより引用)

・映画の著作物⇒公表後70年(創作後70年公表されなければ、創作後70年)

・実名(周知の変名を含む)の著作物⇒死後50年

※死後、公表後、創作後の期間の計算は、期間計算を簡便にするため、死亡、公表、創作の翌年の1月1日から起算されます。なお、保護期間中でもその著作権者の相続人がいないときは著作権は消滅します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

古い作品を観る時に注意したいこと

100円ショップで購入できる作品の多くが作られたのは、50年以上前のものです。そのため、使われている英語や日本語字幕の表現が多少古かったります。

英語(日本語)には変わりないけれど、現在はあまり使われていない表現をしている場合もある

のです。

 

例えばわかりやすい例を挙げると、最近芸人の平野ノラさんがバブル世代の事をネタにしていますが、その中には「イカしている~」「ぶっとび~」などの言葉を使っていますね。

バブルは1980年代ですので今から約30年前です。でもわずか30年前に使っていた言葉でも今ではもうあまり普通の会話では耳にしません。

私は洋画を観るのも好きなので、これまでたくさん観てきましたが、ほんの少し前までは日本語字幕や吹き替えで「お前、イカしてるな」というセリフを見ていたような気がしていますが(笑)

 

なので、もしかしたら100円ショップで買った作品の中で使われている英語を、そのまま外国人に言うと「なんかちょっと古い言葉を話すのね」と思われてしまうような表現もあるかも?

今日のおまけ

私は英語を学ぶ時に、たくさんの英語の本を読みました。一人の著者の物ばかりだと、その人の表現方法しか学べないと考えたので、いろいろな年代で書かれた作品を読みました。

すると当時の英会話の先生(私と同年代)にある時、言われました。

先生:英語の本を読んでる?

私:読んでるよ!英語をもっと勉強したいから。今は少し古い作品を読んでます!

先生:やっぱり。話し方が本みたいになってる。それに使う言葉が少し古いかも。〇〇という表現は僕のおじいちゃんとかが使う言葉で、間違いではないんだけど今の人はそう言わないよ。本を読むのはもちろん良いことだけど、本と会話は少し違うから気を付けないと。日本語でも本と会話は違うでしょ?

私:なるほどー!!

当時の私にとっては目からウロコでした。

古い作品だけ観ていると、このような事があるかも。でも、外国人と会話をする時に「ちょっとその言葉、どこで覚えたの?」なんて言われたら、会話のきっかけにもなるのでそれはそれで楽しめますけどね♪

 

ぷぷる

 

 

スポンサードリンク