こんにちは。ぷぷるです。

 

私も約1年間ほぼ毎日、オンラインでカランメソッドを学んでいました。(時間が取れなくなってしまったので現在休止中ですが、また再開する予定です)

今回は実際にやってみた感想も含め、カランメソッドについてご紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

カランメソッドって何?

約50年前から、イギリスで取り入れられているダイレクトメソッド(直接教授法)と呼ばれる英語学習法です。

今では世界30ヵ国、500校近くがこのカランメソッドを導入し、ロンドン本校では多い時で1日あたり2000人以上もの生徒さんたちが、このカランメソッドで英語を学んでいます。

英語の理解力と会話力を高めるために開発されたこのメソッドは、ステージ1~12で構成されています。会話だけでなく、ディクテーション(書き取り)や1ステージ修了する毎に試験があり、その試験をクリアしないと次のステージには進めません。

 

※ダイレクトメソッドとは、

英語で質問される⇒日本語に翻訳⇒日本語で答えを考える⇒英語に翻訳し返事を返す

ではなく、

英語で質問される⇒瞬時に英語で返事を返す

ということです。

カラン特有のレッスン上のルール

・英語レベルに関係なく、全員がステージ1からのスタート

・先生が2回続けて同じ質問をするので、そのあとに続いてなるべく早く答えを一度言う(答えられない時は先生が誘導してくれます)

・フルセンテンスで答える(Yes, Noまたは単語のみの回答ではだめ)

・短縮形(It is=It’s, He is=He’s, You have=You’veなど)を使用する

・答えを丸暗記してはいけない

・レッスン中はテキストを見てはいけない

例えば先生が本を指さして…

先生:Is this a table?  Is this a table?

生徒:No, it isn’t a table, but it’s a book.

先生:Is this a book? Is this a book?

生徒:Yes, it’s a book.

という具合です。レッスンが進むにつれ、文章が複雑になっていきます。

 

 

 

スポンサードリンク

 

専用テキストは必要?

カランメソッドのテキストはカランメソッド公式ホームページで販売されていますが、私は購入していません。

なぜなら自分での予習復習が必要ないメソッドだからです。

レッスンの最初には、必ず前回までの復習をしてから新しいレッスンに入ります。ただ先に進める事がこのメソッドの目的ではないのです。私も復習部分でつまずき、復習だけでその回のレッスンが終了したこともあります。(1レッスン25分間)

どうしても言えなかった事や聞き取れなかった文章は、先生にスカイプのチャットボックスに書き出してもらい、それを自分のノートに書いて毎回のレッスンの復習をしていました。

でも、文章を覚えるのではなく質問に対し瞬時に答えるという練習なので、文章はなるべく見ずにレッスンに集中した方が良いです。

初心者には難しい?

英語初心者の方でももちろん挑戦できるメソッドですが、日常英会話や学校で受けてきた授業とは全く異なるやり方ですので、まずはカランメソッドのレッスンのやり方に慣れていくしかないと思います。

同じ単語や似たような表現をたくさん聞いて、瞬時にネイティブの(先生が言うのと同じ)発話スピードで答える。を繰り返す。いわば強制的にその文章が言えるような口の動きや、英語の思考を体に染み込ませていくんです。

それができるようになったら次の単語や表現に進めます。言えるようになるまで先には進めません。まさに、

会話を楽しむためのメソッドではなく、英語脳にしていく為のトレーニング

ですね。

今日のおまけ

先日、私の子供が補助輪なしの自転車に乗れるようになりました。練習し始めて3日目でした。

・初日⇒止まった状態から私がうしろから支えてペダルをこぎ出し、途中で私が手を放す。でも少し走ったらすぐに転ぶ。子供、痛くて悔しくて泣く。

・2日目⇒初日と同じようにやってみたら、少しずつ一人でこいでいられる時間が長くなる。でも今度は止まれず転ぶ。子供、泣く。

この日、たまたまスーパーで出会った友人のお母さんに「親は支えなくて平気よ。自分で足をバタバタさせて、地面を蹴ってから自分のタイミングでペダルに足を乗せられるようにしたらすぐ乗れるようになるから」と教えてもらいました。

・3日目⇒教わった通りにやらせてみたら……何度目かにスイスイーと乗れるようになりました!!感動…!!私、泣く(笑)

 

自分が体で何度も失敗しながらやり方を覚えなくちゃならなくて。でもアドバイスしてくれる人は側にいる。っていう点では、自転車も英会話も同じだなーと思ったのでご紹介させて頂きました。

やってみないとできるようにはならない

できるようになったら何度も使わないと忘れる

忘れる前に何度もやる

これをトレーニングできるのがカランメソッドかなーと感じています。

 

ぷぷる

 

 

スポンサードリンク