こんにちは。ぷぷるです。

 

オンライン英会話の講師のほとんどは、フィリピン在住のフィリピン人です。

英会話を学習し始めたばかりの方にとっては「訛りがない英語が良い」「多少日本語が通じる先生が良い」「フィリピン人の英語ってぶっちゃけどうなの?」と疑問に思う方も多いのではないかと思ったので、実際に私自身もオンライン英会話を利用していたので、その辺りを書いてみたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

日本語は話せる?

これは個人によって違います。

各スクールで最低限の日本語は教えてもらっているようで、カタコトの日本語で「わかりますか?」「もう一度言ってみてください」などレッスンで必要とされる日本語は言える先生が多いですが、中には全く話せない先生もいますし、逆に日本に興味を持ってくれている先生は結構、話せます。

訛りはない?

フィリピン人の方が話す英語は一般的に『f』の発音が苦手な方が多いようです。これは普段話しているタガログ語に『f』の発音がないため『p』の発音に近くなってしまうようです。

それから日本人と同様『b』と『v』が同じになりがち。

ただ、スクールによって違いますが、ほとんどの講師は『講師としてのトレーニング』を受けた上でプロの講師として勤務していますので、レッスンの際に気になるほどの訛りはないです。

私が受けていた先生も、レッスンのカリキュラムをやっている時はきっちりハッキリした発音ですが、世間話をする時は少し訛りが出ていた程度で、とてもキレイな英語の発音でした。

 

 

スポンサードリンク

 

英語力は問題ない?

全く問題ないです。

フィリピンという国は貧富の差が激しく、それが教育の面でも顕著に表れています。

その中でもオンライン英会話の講師になっている方というのは、大学を出てきちんとした教育を受けている方たちが多く、しかも大学の授業は全て英語で行われているので、英語圏の方が話す英語と同程度の英語力があると言えます。

 

※全ての講師が大学を出ていて且つ、教え方が上手とは限りません。

講師がいる環境について

これは各スクールの特色を見てみるとわかると思いますが、講師の方はフィリピンのセブ在住の方が多く、教育レベルも非常に高い地域です。

講師はスクールのオフィスに出勤し、そこでレッスンを行っている場合と、自宅で行っている場合があります。

オフィスの場合は通信環境も良いのですが、時々スカイプの映像が乱れたりするので、その時は音声のみのレッスンに切り替えます。(音声も乱れる場合は一度通話を終了し、かけ直してくれますしその分レッスン時間を延長してくれます)

また、講師が自宅にいるスクールの場合はオフィスに比べて通信状態が悪く、しかも最初から顔は見せずに音声のみの通話ということもありますので、オンライン英会話を検討されている方はその点もそれぞれのスクールの説明を読んでおいた方が良いと思います。

 

ぷぷる

 

 

スポンサードリンク