こんにちは。ぷぷるです。

 

最近では英会話スクールに通うのと比較して考えることが多いオンライン英会話。実際に私の子供もやっています。

スタートしてから2年ほどが経ちましたので、メリットとデメリットなど私が感じたことを書いてみたいと思います。(あくまで個人の感想です)

 

 

スポンサードリンク

 

 

なぜオンライン英会話を選んだのか?

自宅で私が英語で話しかけるようにしたり、英語絵本を読んだり、歌を歌ったりなど私ができる事は、子供が生まれて間もない頃からやっていて、子供も楽しんでくれていました。

でも、私以外の人とも英語でコミュニケーションが取れるようになって欲しいと思ったので、まずは近所の英会話スクールに何ヶ所か体験レッスンに行きました。

私の子は当時、シャイで大人しく座って遊ぶ事が好きな性格で、複数の子供たちの輪の中に入る事がなかなか難しく、グループレッスンの環境では本人の力を発揮できないのでは?と考え、そこに高い月謝を払って週1回だけ通わせるよりも、私ができる事は毎日続けてオンライン英会話というマンツーマンの状態でじっくり対応してもらう方が良いと考えたからです。

オンライン英会話のメリット

 

私の子供が受講しているオンライン英会話のメリットは、

・予約やキャンセルがWEBでできる。

・レッスン開始1時間前までならキャンセルできるので受講料が無駄にならない。

・先生を選べる。

・自宅のリビングや外出先でもskypeの環境さえあればできる。

・親も子供の隣に座ってレッスンの様子を見れる。

・安い!!月4回で¥2,980(1回のレッスンは25分)

・子供の対応が上手。

 

 

スポンサードリンク

 

 

オンライン英会話のデメリット

メリットがあればデメリットもあります。

・人気のある先生の予約は取り難く、次もこの先生がいい!と思っても取れない事が多い。

・レッスン中は基本的に画面の前に座っていなければならないので、途中で子供の集中力が切れる。

・自宅なのでリラックスした状態で受講できるのは良いが、その分いろいろな事に気が散ってしまう。

・隣に親がいる事で、子供は困るとすぐに親に助けを求めてしまう。

・レッスンの最初に歌を歌ったりちょっとしたゲームをして子供を楽しませてくれるのは良いが、1レッスンが25分なので英語の課題の方は10~15分程度しかやらない事が多く、ちょっと物足りない。

今後も続ける?

skypeでレッスンを受けるという事に、子供もだいぶ慣れてきたので続けようと思っていますが、以下の点を変えてみようと考えています。

・現在は月4回のレッスン⇒月12回にする(月謝¥5,800)

・オンライン英会話+英会話スクールに週1回通う。(成長と共にだいぶ積極的なところも出てきたので、グループレッスンで同年代の子たちと英語を楽しんで欲しいから。月謝¥7,800)

・自分の子供の今のレベルに合った英会話アプリを使って、リスニングや発音の練習。(有料コンテンツもあるが、無料である程度できる)

・生活の中で使える事は英語で話す。(自分がその気になればできるので、もちろん無料!笑)

 

両方合わせても月にかかる費用は¥13,600です。ママ、なんとかします(・ω・)ノ

この費用を払えばひとまず、週4回は他人の手を借りて子供に英会話に触れさせることができます。

あとどれだけ英語の時間を増やせるかは、あなた(私)次第です!

参考になりそうな記事はこちらをご覧ください。

↓ ↓ ↓

 

だけどがむしゃらに子供に、やらせるのではダメだと思います。親も一緒に楽しまなくちゃ♪

楽しんでできてると、子供にこんなこと言ってもらえます。

「英語が上手になったらママともっと英語でお話したい!だから英語いっぱいお勉強したい!」

 

上手く言えなくて悔し泣きをする時もありますが、もうやめる?楽しくないなら無理にやって欲しくないからと言うと、

「やめない。すぐに忘れちゃったり上手に言えない時もあるけど、楽しいからもっと話せるようになりたい」と言います。

さいごに

何事も、与えられた事だけやってそれで自分の思う結果まですぐに到達できないからと言って他人(先生や子供本人)を責めてはいけないと思います。

知識や技術を得るためには積み重ねという時間がかかるものです。

先生からその方法を教えてもらい、あとは『自分で考えてやってみる』事を続けなければ、子供にとっても親にとっても、本当の意味で自分の物にはならないのではないかと思っています。

一生懸命にがんばる子供の姿を見て、必要以上に期待をかけず。まずは親自身も英語を楽しいと感じながら、親子で楽しめるコミュニケーションの一つとして、生活の中に英会話が浸透していってくれたらいいなと思います。

 

こちらの記事もよければご覧ください。

↓ ↓ ↓

 

ぷぷる