こんにちは。ぷぷるです。

 

よく「英語は留学したら話せるようになるよ」と聞きますが、それは本人が留学中や帰国後にどのように英語と関わったか。によると思います。

何年間も留学していても、外国人の彼氏(彼女)がいても、あまり上達しないままの人もいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

なぜ留学しても話せるようにならないのか

英会話に自信がない状態で留学をすると、どうしても日本人同士で集まってしまいがちです。

もちろん異国の知らない街で、同じ日本人と日本語で話すというのは精神的にはとても安心できるで良いのですが、

語学学校以外ではほとんど英語を使わないのなら日本にいるのと同じです。

しかも語学学校は、先生以外みんな『英語が上手く話せない』人たち。

 

私の友人は学生の頃、3年間オーストラリアに留学していました。ですが元々、英語に苦手意識がある上にホームシックになり、精神的にも英語を話すということに大きなストレスを感じ続けていたそうです。

彼女は、語学学校で3年間英語の勉強をして、田舎町の牧場にホームステイをし、工場でアルバイトをして、オーストラリア人の彼氏もいました。

 

対して私は20代半ばから英会話を勉強し始め、1年ほど日本で英会話スクールに通い、その後イギリスに行っていたのは4ヶ月ほどです。

滞在中は語学学校にも通いましたが一日4時間×週5日。途中夏休みに入ってしまったので、学校に通ったのは3ヶ月。アルバイトもしていませんし、イギリス人の彼氏もいませんでした(笑)

 

私が帰国して6~7年経った頃、その友人と外国人の友人も交えて会った時

「帰国してしばらく経つのにどうしてそんなにしゃべれるの?私は3年間行っていたのに全然しゃべれるようにならなかった。何年間イギリスに行ってたんだっけ?」と聞かれました。

 

スポンサーリンク

どうやったら話せるようになるか

さきほど書いたように、長く留学すれば誰もが自然に話せるようになるとは限りません。

 

あなたが「英語を話せるようになりたい!」と思っているのなら、

『どれだけ長く留学できるか?』よりも、『どれだけ英語に関わる時間を作るか?』を考えてください。

留学中にしておくべきこと

私がイギリスにいた時、どのように英語と関わっていたかをご紹介します。

・朝起きたらテレビでニュースを見る

・学校に向かう途中、電車を待っている時など近くにいる人に話しかける

・スーパーに買い物に行ったら食材や商品について店員さんと話す

・帰宅したらルームメイトやホストファミリーと雑談

・テレビでドラマやニュースをなど様々な番組をチェック

・本やフリーペーパーで文字を読む(ロンドンでは毎日、街で無料の小さい新聞を配っていたので)

 

新聞は、限られたスペースで、短い文章の表現となっています。事件や政治のような難しい事以外にも星座占いやクロスワード、ゴシップなども載っているので、様々な表現を学べます。

帰国後にすべきこと

留学中にしていた事を、日本でもできることは続けます。

どうしても会話をする機会は減りますが、困っている外国人の方を見かけたら積極的に話しかけたり、何かがきっかけで友人になれれば、その後はメールのやりとりもできます。

何事もやはり、積み重ねが大事です。

資格を取るためや、留学という経験がしたかったというだけではなく、「話せるようになりたい」と思っているのでしたら、続ける努力をし続ければ必ず、一歩ずつ前に進めるはずです。

 

10年前までは私も『英語が全く話せない人』でした。話せる人がいると羨ましくて「何かしゃべってみてよ!」って言ったりしてました(-_-;)

でもいつの間にか私が『英語を話せる人』になっていて、今では周りの人から「外人さんが来たら対応お願いね!」と言われるようになっていました。

続けていれば、あなたもきっとなれますよ♪

 

ぷぷる

 

スポンサーリンク