こんにちは。ぷぷるです。

 

梅雨(つゆ)の季節はジメジメするし、子供は外で遊べない日が続きます。

髪の毛もボサボサになるし…洗濯物も中々乾かない。

ちょっぴり憂鬱な気分になりますよね。

 

 

スポンサードリンク

 

でも、そんな時こそ自宅で子供とちょっとした英会話、やってみましょう!

 

梅雨(つゆ)は日本だけ?

まず、そもそも梅雨って日本だけのものなのでしょうか。

日本特有のものだとしたら、外国の方に説明する時になかなか苦労します。

 

例えば、「春と夏の間で、毎日雨がたくさん降る季節のことだよ」と言う感じでしょうか。

それ以前に、「日本には春夏秋冬という四季があって…」というところからの説明も必要になってくるかも。

 

あーもぅ!!こんなの英語で言えない!!

 

ってなっちゃいますよね。

でも、梅雨は日本以外に中国、韓国など東アジア地域にもあります。

それに、世界で通じる『梅雨(つゆ)』の言い方があります。

英語で梅雨(つゆ)はなんて言う?

日本語を直訳してみると、

 

梅=Plum(プラム)

雨=Rain(レイン)

 

※『プラム』と聞くと、私たち日本人にしてみると「ちょっとあのフルーツのプラムとは違うんだよな…」って感じがしますが、英語にすると『プラム』なんですね。

 

では、世界では”Plum rain”で通じるか?

 

これは”NO”です。世界で通じる言い方は、

 

“Rainy season”「レイニィ スィーズン」

(雨の季節)

 

発音の説明動画を添付しておきますね。

動画の前半部分で”Rainy”以外の天気の言い方も解説してくれています。

その後は梅雨に関する事や、むしむししている時は、私がいる東京ではどんな対策を取っているかを英語で話していますが、聞き取れなくて、??となってしまう方は、前半の発音部分だけを何度も見て練習してみてくださいね!

↓ ↓ ↓

 

 

スポンサーリンク

 

雨季(うき)も”Rainy season”

世界の他の国では、乾季(かんき)と雨季(うき)がある地域があります。

この『雨季』も同じ、”Rainy season”なんです。

だから、『梅雨』の事も外国の方にイメージしてもらえる訳ですね。

子供に言う時に使える言い方は?

まず、雨が降っていたら日本語では「今日は雨だね」「雨降ってるね」などと言いますよね。

英語では、”Rainy”「レイニィ」だけで大丈夫。

両手を顔の前で広げて上下させて『雨』の動きを表現しながら”Rainy”と言って見せてあげてくださいね。

まずはこの一言を言えるようにしてみましょう!

 

「文章で言ってみたい!」と思った方は、

“It’s raining today.”「イッツ レイニン トゥディ」

(今日は雨が降ってるね)

 

今まさに降っているという意味で、現在進行形の”ing”を”rain”に付けます。

動画の中でも説明がありましたが”Rainy”など天気に”y”が付く時は「たくさん降っている」という意味があります。

また、「降ったりやんだりを繰り返している」という意味もありますので、ずっと降り続けているわけではないけど、「今日の天気は雨」という日は、

 

“It’s rainy today.”「イッツ レィニー トゥディ」

と言えばOKです。

 

例文)

あなた:今日も雨だねRainy, Rainy

子供:昨日も雨だったね

あなた:梅雨だからね。It’s the rainy season

子供:Rainy!(←って言ってくれたら嬉しいですね!)

今日のおまけ。梅干しは英語で?

梅=Plumで、思い出したので『梅干し』は英語でなんて言うか?をご紹介。

 

“Pickled plum”「ピクルドゥ プラム」と言います。

“Pickled”は日本語だと「ピクルス」のことです。「塩漬け」「酢漬け」という意味があります。

 

梅干しには疲労回復効果があると言われていますので、梅雨の憂鬱な気分の時に梅干しを一粒食べてみたり、緑茶に潰して入れて飲むのも私は好きです。

 

ぷぷる

 

スポンサーリンク