こんにちは。ぷぷるです。

 

今回は、英会話の基本中の基本。

というより、日本語で会話をする時にも5W1Hを伝えることは大切ですよね。

 

スポンサーリンク

5W1Hの『5W』は何?

5W1H=5つの『W』と1つの『H』

という意味ですが、まずは『5つのW』とは何か?を一つずつ見ていきましょう。

 

・When=いつ

・Where=どこで

・Who=誰が

・What=何を

・Why=なぜ

 

それぞれの発音練習の動画を添付しておきます。

まずは『When』から。

一つずつ声に出して言ってみましょう!

※イギリス英語とアメリカ英語、それぞれ紹介されていますが違いはありません。

↓ ↓ ↓

次は『Where』です。

↓ ↓ ↓

次は『Who』です。

↓ ↓ ↓

つづけて『What』です。

※『What』は、イギリス英語とアメリカ英語の発音記号も違います。

・イギリス英語=「ウォッ」

・アメリカ英語=「ワァッ」

のような感じです。

↓ ↓ ↓

 

最後は『Why』です。

※『Why』もイギリス英語とアメリカ英語に違いはありません。

↓ ↓ ↓

 

スポンサーリンク

『1H』はなに?

5W1Hの『1H』は、

How=どのように

です。

発音練習をしてみましょう。

※イギリス英語とアメリカ英語で違いはありません。

↓ ↓ ↓

 『6W2H』は何がプラスされる?

上にご紹介した5W1Hに、下記のWとHを1つずつプラスされたものを『6W2H』と言います。

 

・Whom=誰に

・How much=いくら(数量や予算)

 

『Whom』の発音練習の動画です。

最後の”m”はほとんど聞こえず「フゥー」のような発音ですね。

↓ ↓ ↓

 

つづいて『much』の練習です。

※Howは、上の動画を参考にしてください。

↓ ↓ ↓

言い方に迷ったときは

どんな言い方で言えば良いか迷うことってありますよね。

これは私個人的な意見ですが、

 

言い方に迷った時は、日本語で考えてみてその感情を乗せる!

 

どういう事かと言いますと、例えば旦那さんの帰りが毎日遅いとします。

そしてまた今日も「会社の人と飲んでくるから遅くなる」と言われたら。

「はぁ?」って言いません?口に出さないとしても、心の中ではそう思いますよね(笑)

この感情をそのまま乗せて、

“What?”

と言えば伝わると思います。

洋画でも”What?”はよく、「はぁ?」「なんだって?」と翻訳されています。

 

※言い方や発音について、全てがこの限りではありませんが、英語に苦手意識があるうちは、どうしても棒読みになってしまいがちです。

そんな時は「普段この感情はどんな風に言っているかな?」というのを考えてみると、『単なる単語』に感情がこもり、『より伝わる言葉』になるんだということを私も経験してきましたので、参考までにご紹介しました。

さいごに

会話をする中でこの5W1H(6W2H)が質問できるだけでも、その後の会話が続きます。

ただ、あまり連発しすぎるとちょっと感じ悪くなっちゃいますので、注意してくださいね。

 

例えば日本語での会話でも、

 

友人:映画観たんだ

あなた:いつ?

友人:昨日

あなた:どこで?

友人:新しくできた映画館で

あなた:誰と?

友人:彼氏と

あなた:どうして?

友人:仕事が休みだったから

あなた:なんの映画?

友人:〇〇だよ

あなた:どうだった?

友人:楽しかったよ

 

こんな風に(笑)

これではなんだか途中で友人から「え?なんなの??」って言われちゃいそうですよね(;’∀’)

一言で使える質問だからこそ、連発しないように気を付けましょう。

 

ぷぷる

 

 

スポンサーリンク