こんにちは。ぷぷるです。

 

今回は、私も実際に子供が0歳の頃から聞かせている、身近でカンタンな英単語『花』と『車』をご紹介したいと思います。

「英語が苦手だから…」という方でもきっと知ってると思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

でも大事なのは、子供に聞かせる時は、発音はできる限りがんばって、

自分のできる最高の英語の発音で言って聞かせてあげるよう心がけましょうね。

 

花を見た時には

外に出かけた時に、子供と一緒に「わぁー見て!お花キレイね!」

って言ったりしますよね。

 

それ言ったあとでいいんです。

花を指さしながら、

“flower”

って言ってみましょう。

発音が難しい…という方の為に、発音練習の動画を添付します。

イギリス英語かアメリカ英語はどちらでも、自分のやりやすい方で大丈夫です。(ちなみに私はイギリス英語の方が発音しやすいです)

↓ ↓ ↓

 

「キレイな花だね~」は、

“Beautiful flower!”

なので、こちらも”beautiful”の発音練習動画を添付しときますね。

↓ ↓ ↓

一人でこっそり発音練習して(いや別にこっそりじゃなくてもいいんですけどね)キレイな花を見た時は、「お花きれいね」とセットで英語でも

“Beautiful flower!!”

言ってみましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

車を見たら

小さな子は女の子、男の子関係なく、車は好きなんですよね。

走る車を見ると、まだ上手に話せない小さなうちから

「あ!あ!」

と言って車に興味津々です。

そんな時、日本語ではきっと

「車いっぱい走ってるね」

「赤い車だね」

「あの車はすごく大きいね」

なんて事をお子さんと話すのではないでしょうか?

車は英語で

“car”ですよね。

こちらも発音練習動画をみて確認してみましょう。

↓ ↓ ↓

ついでに色と大きさも付けて言ってみよう!

“flower”も”car”も、透明ではないので、必ず色が付いています。

そして大きさも様々。

そこでついでに色と大きさも付けて言ってみましょう。

 

『小さなピンクの花』

花⇒Flower

色を付けると⇒Pink flower

更に大きさを付けると⇒Small pink flower

 

※たくさん咲いてたら”flowers“と複数の時に付ける”s”も少し意識してみましょう。

一輪の花なら付けなくてOK。

 

というように、英語では

『大きさ⇒色⇒物の名前』

の順で言うという事を覚えておきましょう。

 

『大きな黒い車』

車⇒Car

色を付けると⇒Black car

大きさを付けると⇒Big black car

 

※何台も車が走っていたら”cars

※黒い車を何台も見たら”Black cars

のようになります。

さいごに

正確には文章の頭に

“It’s”や”There are”なども付けて言うのが最終的には良いんですが、

最初のうちは

 

まずは単語だけ(flower,carのみ)

そして次に色を付ける

それから大きさと色を付ける

 

という順番でやっていき、自分もスラスラ言えるし、子供も理解してるし自分で言える。

というところまで来てからでも良いと思います。

花や車を見る機会は多いですよね?

その都度、日本語にプラス英語でも言ってみると、子供とお散歩やお出かけも楽しさ倍増かも知れないですよ!

 

ぷぷる