こんにちは。ぷぷるです。

 

今度は、お片付けして欲しい時も英語で言えたらいいですよね。

「お絵かきについての記事はこちらおをご覧ください↓

 

スポンサーリンク

「お片付けしよう」

「片付ける」って英語でなんて言うでしょう?

難しく考えずに「キレイに」とか「掃除」って思い浮かべるとわかるかも。

 

 

そう。

“Clean up”(クリーナップ)です。

 

「しよう」は簡単ですよ。

“Let’s go!”の、”Let’s”(レッツ)です。

 

という事は「お片付けしよう」は英語で

“Let’s clean up!”

(レッツ クリーナップ)

 

わぉ!これはちょーカンタン!!使えるー!!

って声がいろんな所から聞こえた気がします(笑)

さっそく使ってくださいね。お片付けの時に毎回ですよ。

 

一日のうち何回、子供に「お片付けしよう」って言ってますか?1回?2回?

いやいやそれはない……だって1回2回言っただけじゃあ片づけてくれないんだから!って思いました?

それはチャンス!毎日、何回も”Let’s clean up!”使えるじゃないですか!

 

毎日、毎回言ってみてください

 

日本語では言うけど英語では言い忘れることもあるでしょう。気分が乗らない時だって。

私も「今日はなんとなく英語で言いたくない」って思う時ありますし(笑)

 

楽しく気楽に。でもなるべく毎日、毎回。

 

日本語はあえて意識しなくても、毎日自然に子供の耳に入りますが、英語は意識して毎日聞かせないと聞くことに慣れていけません。

 

スポンサーリンク

メロディを付けて言ってみよう

ちなみに私は英語リトミックの講師でもあるので、一つ講師の立場で言いますと。

 

言葉にメロディを付けると覚えやすい!

 

例えば、CMで流れる商品名や企業名にメロディが付くと、頭から離れなくなって思わず口ずさんだり。

「この絵本の文章を暗記しなさい」って言われたら難しいのに、歌になると2番3番まで普通に歌詞を覚えられたりしませんか?

それに動作が加わることで、英語とメロディと動作を同時に記憶に残りやすいんですね。

私が”Let’s clean up!”と言ったあとに、いつも歌う歌です。

↓ ↓ ↓

今日のおまけ英語

「お片付けしよう」の前にはたいてい「さあ!そろそろお片付けの時間よ!」って言いませんか?

ごはんを食べる前とか、お出かけの前とか、寝る前とかにね。

 

“It’s time to clean up!”「お片付けの時間よ」

(イッツ タイム トゥ クリーナップ)

 

と言います。

なので、”Let’s clean up”に慣れてきたら、”It’s time to clean up”を先に言ってから言ってみる事もできますね。

さいごに

↑の動画でもやっているように、子供に対して何かを教えたい時は、最初は自分も一緒にやってその動きを見せた方が良いです。

そして言葉にメロディをつける

メロディを付けると、自分もちょっと楽しい気分になります。

子供と英会話することを是非、楽しんでください。

 

子供とおうちで英会話をする時に、まず何から言ってみたら良いか?はこちらの記事をご覧ください。

↓ ↓ ↓

何から始める?子供と英会話

 

 

スポンサードリンク

 

ぷぷる