こんにちは。ぷぷるです。

 

前回は、「ティッシュ1枚取って」の言い方をご紹介しました。

今回も、お休みの日に自宅で子供とできる簡単な英語をご紹介します。

 

 

スポンサードリンク

 

「バナナ食べたい?」

子供が大好きな果物。バナナです。

おやつの時や、デザートによく食べさせているという方は多いと思いますので、今回は「バナナ食べたい?」を英語で子供に言ってみましょう。

まず、「〇〇したい」を伝える時は、何の英語を使うか?

思い出してください。

 

そう!

“want”(ウォント)です。

 

次は、

「食べる」は英語で?

 

そうそう!

“eat”(イート)ですよね。

 

うんうん。知ってる。なら、言えます。

 

“Do you want to eat a banana?”「バナナ食べたい?」

(ドゥー ユーウォントゥー イータ バナナ?)

 

※”want to”の発音は「ウォント」と「トゥー」を切らずに、繋げて「ウォントゥー」です。

 

「なんでバナナの前に”a”入れるの?」「これだから英語はわからないのよー!」なんて言わないで~!!

バナナは一度にたくさん食べないから”a”入れるんです。

 

 

スポンサードリンク

 

素直に受け入れてみよう

英会話を始めた頃は私も、”a”とか”the”とか”some”とか、全然理解できませんでした。

だけど、当時の英会話の先生によく言われた事が。

 

「疑問に思うことは大事なことだよ。でも、あまり深く考えずに、英語はこういうものなんだーって思って、まずは言ってみたら良いんだよ。だってなぜそう言うかなんて、正確な理由は僕にもわからないから。はっはっはっー」

 

と、いうようなことを言われました。(当時はほとんど先生の言っている事を理解してなかったのですが、このような雰囲気の事を言っていたと、記憶してます 笑)

 

でもまぁ。確かに。逆に日本語で例えば

①「私母親です」と、

②「私母親です」

この、「は」と「が」の違い、説明できます??

 

どういう時に「は」を使って、どういう時に「が」を使うのかのシチュエーションは見えてるんだけど…

って感じじゃないですか?「じゃあ、どっちを使ってもいいの?」と言われたら違う。

だけどみんな違いを理解し、「そう言うものだから」って普通に使い分けて日本語しゃべってますよね。

英語もそれと同じです。

 

なぜそれを言うのか、理由がわからなくても

「そう言うものだ」と受け入れて、とりあえず言ってみる

 

さいごに

「バナナ以外にも言ってみたいけど…また”a”付けたり付けなかったりとか、わからないから言えない」

 

そう思った人は向上心の高い人です!!

素晴らしい!!

これから少しずつご紹介していきますね。

まずはお子さんがバナナを欲しがった時に、毎回、

“Do you want to eat a banana?”って言ってみて下さい。

日本語で「バナナ食べたいの?」って言ったあとでも大丈夫。

 

毎回ですよ。恥ずかしがらずに!!

これをペラペラに言えるようになるまで。

です。

“banana”の発音練習ができる動画がありました。

↓ ↓ ↓

 

これでカンペキ。「子供にはなんて返事させたら良いの?」っていう事も少しずつご紹介していきますが、ひとまずは

“Yes?No?”って誘導してあげてどちらかを答えてもらえばOKです!

 

ぷぷる

 

 

スポンサードリンク