こんにちは。ぷぷるです。

 

現在小学生の子を持つママの私ですが

中学・高校生時代は不登校やプチ家出を繰り返し、

母との衝突は日常茶飯事で…

と、まぁまぁ激しい反抗期を経験しました。

 

 

今、世の中は緊急事態宣言で外出自粛。

いつまで続くかわからない休校、

これまでよりもお子さんと向き合う時間が増えていると思います。

 

思い通りにいかない

イライラする

何を考えてるのかわからない

…etc

 

そんなあなたに

私自身の経験を元に

【子供の本音シリーズ(全7回)】をお届けしたいと思います。

第1回目の今日は【子供の暴言と無視】についてです。

 

親子の時間が少しでも楽になってもらえたら嬉しいです。

それではどうぞ!

 

 

スポンサーリンク

暴言を吐く理由

今振り返ってみたら、

当時の私はこんな理由だったのかなぁ?

という理由を挙げてみます。

 

  • 母はいつも同じことしか言わない
  • 子供扱いするな
  • 自分の時間を邪魔された
  • 考えを押し付けるな
  • 私の話を聞こうとしない

 

で、

「うるせーあっち行けよ」

となる。

 

暴言に対してどう返すのが良い?

その時の状況やどんな関係性かにもよるんですが…

 

実は子供は

対等にやり合いたい(話がしたい)

という思いがあったりします。

 

なので

「私はあなたより上」

「親の私の言うこと聞きなさい」

っていう姿勢だとイラつきます。

 

なぜなら

小学校の高学年〜中高生ともなると

親の弱い部分やダメな部分をもう知ってるから。

 

だから

上から目線でエラぶって

圧力や力まかせに

は、もう通用しない。

 

逆に下手(したて)に出てこられるのもイラつくけど。

調子に乗って終いには

「大声出しゃ黙る(従う)親」として見られてしまいます。

 

 

だから上下関係や親と子ってよりは

対等に、大人同士、じっくり話し合ってみよう

っていう関係性を築いていけるといいかな。

私は親にそうして欲しかった。

 

 

スポンサーリンク

無視する理由

私は暴言吐くより無視してた期間のが長かったです。

理由は、

 

  • 話を聞いてくれない
  • 話しても否定ばかりしてくる
  • 親の思いばかり聞かされる
  • 誰かと比較したことを言われる
  • とにかく構われたくない

 

などですね。

当時、一番ひどい時は家の中で会話はほぼゼロでした。

ケンカの延長で一時だけ無視ならまだ可愛いもんですが、

私は何年間も存在をほぼ無視し続けました。

 

無視されたあとに取るべき行動

短期的な無視で、関係がそこまで悪化していないのなら

「夕飯は何食べようか?」とか

何気ないことで話しかけてみたら良いのかも。

 

子供が好きな事を教えてもらいながら(ゲームとか)一緒にやる、

 

んで、次はあなたが好きで楽しめる事を一緒にやってもらう。

(私はカラオケ好き)

 

既に長期的に無視され続けてるなら…

とにかく顔も見たくないし、声も聞きたくない

話したくない。

という意思が固まってしまってるので

何を言っても反応すらしない、

まるで

親がそこに見えてないかのような態度になります。

しかもそれが一日二日でなく年単位で…

(私がそうでした…)

 

だけど心の奥では

一度じっくり話したいって思ってる事もあります。

でもそれは多分、気付けません。

 

タイミング悪いと暴言が返ってきておしまいです。

 

なので、

ここまでなってしまっているならヘタに行動起こすより

子供の方から何かしらのアクション来るのを待つのが良いかな。

 

来たらあれよこれよと親の気持ちを前面に出すのではなく、

ただ静かに話を聞くだけでいい。

そして気持ちに寄り添い、否定ではなく共感してあげたらいいんです。

 

チャンス!とばかりに

一度でなんとかしようとせず、

少しずつ一言ずつ会話のラリーを続かせてみる。

 

重たい空気を変えるには

①バカになる

②笑う

この2つしかない。

 

私はお笑い芸人さんにはすごく助けられました。

ネタとかコント見てる間は現実忘れてなんも考えずに笑える。

「私まだ笑えるんだー」って気付いた。

 

きっちりしなくても、完璧じゃなくても

笑いがあれば

楽しく生きていける。

 

だからもっと

ふざけた母親でいい。

できないことあっていい。

ノンキに笑ってりゃいい。

 

 

眉間にシワ寄せて溜め息ばかりになってない?

人は幸せになってから笑うんじゃない。

笑うから幸せになれるんだ。

 

 

…ってどこかで聞きました(笑)

私の格言ぽく言ってみたけど(割といい加減)

子供はあなたを映す鏡かも知れない

あなたが子供に対して思っている

どうしてこうなの?

なんでこれができないの?

は、

実はあなた自身ではないですか?

 

 

もしくはあなたが、

あなたの親に言われていたことではないですか?

 

こうならない為にこうしなさい。

こうなる為にこれしなさい。

 

そうかも知れないなーと

感じたならまずは

自分自身を、

 

もう許そう。

 

親の呪縛からまずは

あなた自身を解き放とう。

 

もう卒業していいんです。

あなたと親は違うし、

あなたと子供は違う人間です。

 

自分を許せたら、

目の前にいる、

思い通りにならない何考えてるかわからない

子供のことも

少しは許せるようになると思うから。

 

さいごに【子供にかけて欲しい言葉】

ここに書いたことはあくまで私の経験からくる考えです。

 

私は10才頃から自分の気持ちや学校での出来事など

ほとんど親に話すことはありませんでした。

 

母に嫌われてると思っていたし、

私のことなんてどうせ何も考えてないんでしょ

って思ってたから、

「母の思うイメージ通りの私」を母の前で演じるようになったんですね。

 

そしてそれを真に受け本音を見ようとしない母に対する不満は

少しずつですがどんどん積み上がっていきました。

 

それが暴言や無視にも繋がっていきました。

 

今から思えば

「自分をちゃんと見て欲しい」

「このウソの振る舞いを見抜いて欲しい」

 

すべては

 

「愛されたい」

 

気持ちからの甘えだったと思います。

 

 

暴言や無視を同じ家の中で日々繰り返されるのは

お互いとてもしんどくて息が詰まることです。

 

 

 

「大好きだよ」

「信じてるよ」

「私はあなたの味方だよ」

って落ち着いた時でいいから

笑顔で子供に言ってあげて欲しい。

 

私が当時、本当は母から言って欲しかったけど

一度も言われなかった言葉です。

 

子供から言って欲しいとは死んでも口にしませんから(笑)

 

体も大きくなった子供に言うのは

少々(かなり?)照れくさいかも知れませんが是非!

こればっかりは親から子へじゃないとできない事だから。

がんばってみてw

 

生まれたばかりの頃や幼い頃は

かわいいかわいいって毎日抱きしめてたでしょ?

ならできます!(笑)

 

※「信じてるから◯◯って言ってるんだよ」などの

条件付きの言葉を言うのは逆効果ですのでご注意を。

 

 

【子供の本音シリーズ】2回目以降も

自宅で子供と過ごしながら少しずつ書き進めています。

のんびりな私が最終回を書き終わる頃には

「もうコロナ収束してるよ!」っていう世の中に

なってるといいなぁという希望も込めて…

 

 

次回は【子供の本音②登校拒否する理由】

です。

 

私の闇時代をもっと知りたい物好きさんは

こちらもどーぞ⇓

 

ぷぷる

オンライン英会話スクールEF English Live