こんにちは。ぷぷるです。

 

私の子供がNOVAキッズに通い始めてから約3年が経ちました。

雨の日も強風の日も暑い日も寒い日も…

ほぼ休むことなく週一回、一緒にスクールへ通いました。

 

が、

2020年3月をもって辞める事にしました。

 

 

今日は辞める事を決めた3つの理由を書いていきたいと思います。

 

あくまで私や私の子供の場合は…の話ですので

NOVAの批判をするつもりは全くありません。

むしろこれまでとっても楽しくレッスンして頂いて感謝しております。

 

…なんですが

感じたことは正直に書いていきます。

何か一つでもお子さんの英会話スクール選びの参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

NOVAキッズってどんなところ?

まずは簡単に、NOVAキッズのクラスについてご説明しておきます。

 

・ベビークラス

・キンダークラス(幼児コース)

・クラス5,4,3(小学生コース)

・クラス2a,2b,2c(中高生コース)

 

↑こんな感じになってます。

私の子供が通い始めた時はこのコースの分け方ではなく、途中で現在の形に変わりました。

以前は単純にレベル1~6と設定されており、小学生コースとかの名称は付いていませんでした。

 

だいたいの年齢の目安はあったと思いますが、

最初にレベルチェック(無料体験レッスン)を受けた時に「あなたはレベル〇です」

と言われたクラスへ通うって感じでした。

 

今でもそれは変わりませんが以前に比べて、

より英検対策に特化した内容(レベル分けやテキスト)になったとNOVAスタッフから聞きました。

 

 

NOVAではキッズに限らず全生徒、半年に一回レベルアップテストを受けるタイミングがあり、

希望者すれば2000円ほど(現金払い)で受けることができます。

合格すれば一つ上のクラスに上がれます。

不合格ならば同じクラスのまま。

 

テキストも同じクラス(レベル)であっても半年毎に内容が変わります。

そのため半年に一度テキスト代(3000~5000円ぐらいで現金払い)が必ずかかります。

 

一つのクラスにつきテキストの種類は6種類あるらしいので

レベルアップせず同じクラスに通い続けたとしたら3年間で全種類のテキストを網羅し、

4年目には最初と同じテキストをやるということになります。

 

基本的には週一回決まった曜日と時間に受講します。(40分間)

週二回レッスンもできます。

その際はテキストを2種類購入する必要があります。

 

例えば月曜日は基本編、水曜日は応用編みたいな感じで学んでいくことができます。

人数は最大8人となってますが、4〜5人になるように調整してくれてました。

 

先生は担任制なので、基本毎回同じ先生です。

半年に一度のタイミングで変わったり、

先生の都合で変わることもあります。

 

 

月謝制で自動引き落としなので、休校や辞めるなどの時は前月24日までに申し出ないと

引き落としをストップする手続きが間に合いません。

 

季節毎にハロウィンパーティーやクリスマスパーティーなどがあり、

参加費は別途(500円)かかりますが普段は顔を合わせないクラスの子たちとも一緒に楽しめます。

 

ただこちらは4〜6才ぐらいの子向けの内容で全年齢まとめて一回だけ行われるものなので、

小学生になると自然と「もう参加しない」ってなります(笑)

でも小さいうちはイベントにちなんだ服を着せたりして楽しみましたよ♪

 

詳しくはNOVAのホームページや

無料体験レッスンなどで直接話を聞いてみると良いと思います。

 

地域差や個人やはあると思いますが、

疑問に思っていることを聞いてみると

割とフランクになんでも教えてくれるスタッフが多いという印象です。

 

辞めた理由①レベルアップできない

個人的な英語能力がアップできないという意味ではなくて、

NOVAのシステムの話です。

 

小学生はクラス3が最も高いレベルになります。

例えレベルアップテストで合格したとしても、それより上のクラス(中高生コースのクラス2c)へは上がれないシステムなのです。

 

以前NOVAスタッフに聞いた話だと、小学4年生になればクラス2cに通えるらしいのですが…

テキストを見せてもらったら、

 

ふりがな少なめの日本語の説明文が小さい字でビッシリ!

挿し絵すくなっ!

まさに英検対策の中高生向け参考書!

という印象で。

低年齢の子供には色んな意味で厳しいだろうなーといった内容でした。

 

 

我が子は幼稚園からNOVAに通い始めましたが、

レベルアップテストで合格して進んでいき

割とクラス3まではあっという間でした。

 

4年生になるまでクラス3に通い続けるとなると、確実にテキストが一周してしまうんですね。

そして4年生になった時にあのクラス2cのテキストをやらせたいか?というと…

 

NOです。はい。

 

そんなわけで、

この先どうしようかなー

英語は続けたいんだけどなー

 

という風に一年前ぐらいから考えるようになりました。

辞めた理由②子供自身の気持ちの変化

幼児の時とは違い、小学生になってからは学校では授業があって宿題がある。

他にも学校生活の中での様々な刺激や幅が一気に広がります。

当然、

心も成長し、変化します。

 

するとそれまでただ「楽しい〜!」だけでやっていた英語に対する気持ちも

少しずつ変わっていきました。

 

・英語よりも楽しいことができた

・学校の宿題だけで精一杯

など。

 

特に私は働いているので子供は夕方、学童から帰ってきます。

帰宅後は夕飯食べて、お風呂に入ったらもう寝る時間だよーっていう日々。

 

せめてわずかなフリータイムでは好きなことしたい!って思うようです(まぁ当然よね)

で、そこで英語は優先順位が下がっていってしまったという感じですかね。

 

何事も無理じいはせず楽しみながら。

 

というのが私の方針なので、

NOVAのホームワークは一緒にやりつつ

気分が乗っている時は少し長めに。

乗っていない時は、その時に子供が楽しんでいることを一緒にやる。

 

みたいにしてしばらく様子を見ることにしました。

辞めた理由③先生やスタッフの関わり方

子供の変化を感じていたのと同じ時期、先生が変わりました。

その先生はこう言っちゃあなんですが…

 

あなたホントに子供に教えたことある??

 

って言いたくなる雰囲気の人でした。

いや、

 

そもそも子供好きですか??

苦手なんじゃないですか??

大丈夫ですか??

 

と感じました。

それまでにNOVAでは3人の先生を経験していて4人目となる先生。

 

 

子供に話を聞いたところ、

テンション低い。

全然笑わない。

声が小さい。

早口で何言ってるのかわかんない。

ホームワークをちゃんと見てくれない。

いつもあくびしてる。

つまんない。

 

 

「つまんない」

 

おっと…待ってくれよ…

子供の口からはじめて聞いたぞ。

NOVAのレッスンがつまんない?

 

それまではずっと

ウキウキして笑顔でレッスンルームに入っていってた我が子が。

うつむき加減に足取り重くレッスンに向かう…

そしてため息まじりに出てくる。

 

えっ??

 

えっと…これ、英会話スクールのキッズクラスですよね?

多分ね、この先生は向いてないんだと思うわ。

 

(通常キッズクラスはガラス張りの部屋なのでレッスン風景を覗くことができるのですが、

同じ時間にもう一つキッズクラスがあり、

私の子のクラスは一般の方の部屋でレッスンしてました。

その為、レッスン中の様子は一切見ることができなかった)

 

 

そんな感じで半年後。

NOVAスタッフから先生が変わると聞きました。

 

子供にとって5人目の先生は、

テンション高めで声も大きく聞き取りやすい。

言葉が中々出て来なくても、上手くうながしつつ答えられるまで待ってくれる。

飽きないように体を動かす時間も作ってくれてる。

 

子供に笑顔が戻りました。

これでしょ。

これできないと子供を引き付けるレッスンできないと思う。

 

後に4人目の先生を見かけたので、ちょっと話しかけてみました。

そしたら

「キッズクラスで教えるの辞めたんです」と言ってました。

 

でしょうね。

それがお互いのためだよ。

 

 

そしてNOVAスタッフ。

4人目の先生になったあたりで、なじみのスタッフの人が次々と異動になりました。

 

通い始めてからしばらくいた人たちはすごく距離が近くて親しみがありました。

行けばあいさつだけでなく、子どもとも私たち親ともたくさん話してくれて

ノートに単語や熟語など書いていけばシールやスタンプをくれました。

それもただ押すだけでなく、コミュニケーション取りながら楽しませてくれてました。

なので子供たちはそのままのテンションでガハガハ笑いながら

レッスンに向かい、レッスンを楽しんで。

 

レッスン後の振り返りの時間もスタッフの方が積極的に関わってくれて

その日にやった内容などを一緒に発音したりして、

最後には「またね~!see you!」ってやってくれました。

 

当時、私の子は

「NOVAはずっと辞めない。楽しいから。大人になってもずっと来るよ!」

なんて言ってました。

 

しかしそうやって関わってくれていた方が1人…また1人と異動になり、

新しく来た方たちが子供に話しかけるのは、あいさつのみ。

ノートを渡してもただ受け取り、レッスン中にスタンプ押して

レッスン後に返す。

 

 

次第にノート書かなくなりました。

最近書かないね?ってそれとなく子供に聞いてみたら

 

だってやってったってどうせ何も言ってくれないじゃん。

スタンプ1個しか押してくれないし。

前いた人たちはいっぱいシールくれた。

 

 

そか…うん。確かにね。

子供って『たかがそんなこと』で、こんなにもやる気に違いが出るのか。

 

ていうか大人でもそうじゃない?

自分が何か一生懸命やったことに対して

無反応なのか、喜んでくれるのかによって

 

「なんだよ…せっかくやったのに」てなるのか

「よっしゃまた次もやるか!」てなるのか違うよね?

 

 

それが子供にとってはシールだったりスタンプだったり、

褒め過ぎですよーってぐらい褒めてくれたり。

逆にちょっと疲れた様子をしてたり、ホームワークやっていくの忘れたりしたら

きっちりケツ叩いてくれる。(あ、言葉でね)

 

そんなことがモチベーション維持になっていたんだなぁって気付かせてもらいました。

 

うちの子はあまりガンガン積極的に大人に話しかけるタイプではなく、

じっくり様子を伺って何度も会ううちに距離を詰めるというタイプなのですが

当時のスタッフの人たちには相当、心を開いて時には

「もっと〇〇さんと遊んでから帰る!」と言うぐらいでビックリしました。

 

 

もちろん相性もあるのですが、

先生とスタッフの人の関わり方一つで

大人の私も子供も感じる印象がこうも変わっていくとは。

 

いろいろと勉強になりました。

今後の英語学習はどうする?

遡れば我が子は、私のお腹にいる頃からちょこちょこ英語に慣れ親しんできました。

学習は続けることが大事です。

今やめてしまっては意味がない。

 

だけどなにより本人の意思が一番大事。

親の私ができるのは子供の知らない選択肢をあたえることだと思っています。

 

 

なので他の英会話スクールを調べました。

その中ではベルリッツが通いやすい場所にあるし、

今のうちの子にちょうど良いんじゃないかと感じたので資料請求してみました。

 

ベルリッツキッズ

 

その資料をこどもと一緒に見て、今度体験レッスン行ってみよう!

てことになりました。

(またその様子はこのブログに書きますね)

 

 

あとはこれまで全く私自身、興味がなかったのですが

英検を一度受けてみたらどうかと考えて5級のドリルを購入してみました。

 

理由は、今の我が子に合う英語ドリルがあまりなかった。

受験するという目標があるとそこに向かってやってみようと思えるんじゃないか。

っていう軽い感じで決めました。

 

 

うちの子は漢字や算数のドリルを本屋さんに買いに行くというのが好きなのです(笑)

なので「英語ドリルもついでに探してみよっかー」と言って

いくつか候補を私が渡して、子どもが自分で選びます。

 

他のドリルもですが、私が決めて「これにしなよ」とかは言いません。

自分で選んで決めたのだから、自分でやってみなさいというやり方で

これまでもやってきました。

 

 

今は

漢字、算数、英検5級のドリルをやっていますが、

最初はそれぞれ一緒にやって、1人でできそうかどうか確認してからは私は教えません。

先入観を持たせないよう難しいとか簡単とか私の感想も言いません。

 

 

わからなければ飛ばして良いから、1人でやってみる。

答えは絶対に見ない。

ルールはこれだけです。

 

マル付けは何ページかまとめてやるので、

そのときに飛ばした問題を一緒に考えるようにしてます。

 

 

今後も

きっとできると信じて、見守る。

できないと決めずに、見守る。

 

 

そしてシールやスタンプをあげる(笑)

ですね。

 

ではまた。

 

 

ぷぷる