こんにちは。ぷぷるです。

 

現在小学低学年の我が子は、幼い頃から英語に慣れ親しんでいました。

英語絵本を読み聞かせたり歌を歌ったり。

オンライン英会話もやってみたし、NOVAは3年目になりますが現在も続けています。

 

(あ、一応言っておきますが私はいわゆる教育ママ的な考えはありません。

本人が楽しんで、自らやりたいと言っていることを今でも続けているだけです)

 

幼児オンライン英会話の体験談はこちら⇓

 

 

ところが小学生になってからは

自分からNOVAのテキストを開くことも以前に比べて少なくなり、

海外アニメも英語で観なくなった。

 

 

その理由はなんなのだろう??

 

スポンサーリンク

 

日本語が楽しい

元々うちの子は本を読むのが好きで、よく声に出して読んでくれていました。

 

小学生になり漢字を覚え始めると、これまで読めなかった字が読める!書ける!

という事が楽しかったようで、

学校からの宿題プラス、本屋さんで漢字ドリルを見つけては

「これ買って!」と言ってまるで新しいおもちゃやゲームを欲しがるのと同じようなエネルギーで

漢字を書く事を楽しむようになりました。

 

 

楽しい事はどんどんやってみたいよね。

読める漢字が一気に増えたね。

少し前までひらがなとカタカナだけだったのに、こんなに漢字が書けるようになったんだね。

 

やりたいことやったらいい(^^)

 

みんなと同じがいい

うちの子の学校では週に一度、1時間だけ英語に関わる授業があります。

先生が簡単な英語絵本を読み聞かせてくれたり、英語の歌を歌ったりしているようです。

 

例えば『ABCの歌』に出てくる「C」。

周りの子のほとんどがいわゆるカタカナ読みで「シー」と発音しているようです。

うちの子は正しい発音は知ってるし、幼い頃は正しい発音で歌っていました。

 

だけど今では「シー」の発音で歌います。

正しい発音に直してみたけど、

「いいの!みんなこう歌ってるんだから」

 

 

そっかー

みんなと同じがいい!っていう意識も強くなってくる時期なのか。

わかるわかる。

みんなと楽しく歌いたいもんね。

 

 

両方知ってるんだから別にいいやー

それ以上は訂正しないことにしました。

 

NOVAのテキストが合わない?

NOVAではおおよそですが、今の小学5〜6年生が学校で習っているような内容のレベル(クラス3)をやっています。

 

テキストの内容もそのぐらいの年齢の子を対象としているので、うちの子にとっては若干ピンとこない内容も出てきたりします。

 

簡単な会話なら英語でできるし、文章も読めるけど文法の概念(過去形、未来形、主語、述語など)が

日本語でもまだそこまで理解ができていないという状態なので、

本人も”are”がどうして”ware”に変わるのか?

 

“do”の否定する時に”don’t”と答えるのはわかるけど、

なぜ”do not(ドゥーノット)” を “don’t”と書いて「ドント」と発音するのか?

など

 

上げればキリがないですが…

つまり理屈がまだ理解できていないわけです。

 

それでもここまで時間をかけて、少しずつですがだいぶ理解できるようにはなってきています。

でも本人的には

「前のNOVAのレッスンは簡単だったし楽しかったけど、

今は難しくて全然わかんない」そうで。

 

例えばホームワークでは長文を読み、そのあとの問題に答えるというのがほとんど。

ある程度長い文章でも読めるけど全部は理解できないから、選択問題で間違える。

 

文章で答える問題も読めるし意味もなんとなく理解できるけど、英語でなんて言うのかわからず、わかったとしてもその答えになる文章を自分で組み立てられない。

 

(NOVAキッズはレベルが上がるほど、英検対策のようなテキスト内容になっていくのです)

 

 

こんな感じで「NOVAわかんなくて難しい」⇒「ホームワークやるのに時間がかかる」⇒「めんどくさくてやりたくない」

という流れになってしまっているようです。

 

今は週一回のレッスン前日まで一度もテキストを開きません。

できるところは一人で、わからないところは私も一緒に考えながらホームワークを終わらせています。

 

でも「NOVAは辞めたくない」そうです(笑)

なのでしばらくこのまま様子を見てみようと思います。

 

どう接すれば良い?

幼児の頃に比べると一見、英語に対して後ろ向きというか停滞しているように感じてしまう最近の我が子。

だけど元々私の考えは「英語を話せると楽しい」って実感してもらいたいなー

「英語嫌いor難しいからやりたくない」にはなって欲しくないなー

 

ってことで始めているので、ネガティブな気持ちの方向にはなって欲しくないと思っています。

なので…

 

今楽しんでいる物事を認める

最近のうちの子の場合、

  • 漢字の書き取り
  • 本やマンガ読み
  • ゲーム
  • テレビ
  • お絵かき

などをしている時間が多いです。

 

英語もやって欲しいっていう気持ちが強くなり過ぎると思わず

「漢字もいいけど英語もやったら?」とか

「ゲームおしまいにして英語やりなよ」とか言いたくなります。

 

だけどこうやって

 

本人が楽しいと感じて自らやっている事vsあまりやりたくない事

 

って比べるような言い方しちゃうとダメだなって思いました。

余計に「英語は嫌なもの」ってなっちゃうんだなって。

だって子供からしたら、今楽しんでるのに!ですよ。

 

あなただって毎週楽しみにしているテレビを見ている時に

「テレビ見てないで食器洗ったら?」なんて言われたら「今見てるんだよ!あとでやるし!」

ってなりません?(笑)

 

これ毎日言われたら「なんだよ!自分で考えてやるよ!」って私だったら確実に拗ねます。

そして食器洗うの嫌いになります。

(↑いや、こんな理由がなくても食器洗いは嫌いな私ですがねw

余計にやるのが嫌になるって話です)

 

……はい。

 

だから私は変えました!

 

スポンサーリンク

英語も日本語も遊びも一緒に

まずは、子供が楽しんでやってることに関心を持って「上手になったね」とか「へ~これこういうルールのゲームなんだね」とか言って一緒に楽しんじゃうことにしました。

 

人は自分が夢中になってることを認めてもらうとすごく嬉しいじゃないですか。

私も絵を描くのが好きですが、1人で描いて誰にも気にも留められないより

「可愛いね」「上手だね」「次これ描いて」っていう風に

関心を持ってくれて認めてもらうと、もっとやってみよう!って心がウキウキします。

 

絵じゃなくても料理でも掃除でも同じです。

「美味しいね」「すごくキレイになったね」「ありがとう」なんて言ってくれたら嬉しいじゃないですか。

(内心めんどくさいなーって感じていたとしても)

 

だから私、家事あとまわしで子供と一緒にゲームも夢中になってやってます。

マンガも読みます。

国語の教科書の音読、あくび出ちゃうけど私もやります(笑)

 

で、

会話の中で英語をちょいちょい入れます。

「あ、この言い方レッスンでやったよね?」って言って英語で質問して答えてもらったり

「テキストに載ってるんじゃない?見てみようよ」って言って一緒に見たり。

 

できるだけ毎日、一言だけのやりとりでもいい。

楽しい!って流れに英語を入れといてもらえたら。

そんな思いでいます。

 

 

いや、もちろんずーっと子供に付き合うの無理な時だってあるんで。

私も毎日これやってるわけじゃないですよ。

でも心がけてるだけでも違うので。

楽しければ子供の方から勝手にまたやるので。

 

気持ち(やる気)には波がある

あなたももちろん私も気持ちには波があります。

それは子供も同じ。

なんも考えてなさそうでも、子供なりにいろいろ考えてます。

 

学校であった些細な出来事でテンション下がってる時だってあれば、逆に上がりまくってる時だってあります。

いつも同じでいなさいという方が無理なのです。

私だって無理だもん。

 

だからその波をちょっとだけ汲み取ってあげよう。

しばらく何も言わず見守ってみよう。

 

宿題、やらなくて困るのは本当に子供?

やらせなくてダメな親だと『あなた』が思われたくないだけだったりしない?

 

世の中、意外となんとかなることの方が多いよ。

 

まとめ

今回は、小さい時は楽しく英語やってたのにどうして小学生になると気持ちが少し離れてしまうのか?

について考えてみました。

もちろんこれは『うちの子の場合は』の話です。

 

 

でも、

 

子供が楽しんでいることを認めて

それを一緒に楽しんで

ちょいちょい英語をはさんでみて

気持ちが乗ってない時は何も言わず見守る

 

 

できそうなことからやってみませんか。

こちらの気持ちばかりが強くなり過ぎると、自分もイライラするし楽しめないですから。

 

英語は話せると(ちょっとでも理解できると)楽しいですよね。

それぞれ考えはあるでしょうけど、やっぱり私はこれに尽きます。

 

だから子供にも楽しく、少しずつ、できるようになっていってもらいたいって思ってます。

何も前に進んでないわけがない。

実際いろいろできるようになってるんだから。

 

 

こちらの記事にも何かヒントがあるかも

 

 

ぷぷる