こんにちは。ぷぷるです。
 
パート先にいますよね、いつも何かにイライラしてる人。
実は私もかつては「いつもイライラしてる人」でしたが、少しずつ考え方が変化していき、今では以前のような感情には全くならなくなりました。
今は逆に「いつもイライラしてる人と一緒に働かなくてはいけない」という立場にいます。
 
スポンサーリンク
 

人間関係が辛いなら

私が母としてパートを始めてから4年以上になりますが、現在のパート先が3ヶ所目で3年が経ちます。

一つ目と2つ目の職場では心身ともに非常に大きなストレスを感じたので辞めました。

 
 
感じ方は人それぞれ。だから、
 
 
 
そんなにツライなら辞めればいい。
 
 
 
「嫌で嫌で、もう何もかも嫌だー!」
 
としか感じられないなら、周りの人の為にも自分の為にも環境を変えてみた方が良いです。
逃げても良いのです。
他に道は必ずあります。
あなたにとって辛い場所でしかないようなとこに依存しちゃダメです。

簡単に辞めるわけにはいかない?

とは言っても、
 
「そう簡単に辞めれないから悩んでるのに!」
 
「収入がなくなったら困る!」
 
「私が辞めたら他の人に迷惑がかかる!」
 
「年齢的にも次のパートなんてすぐ見つからないのよ!」
 
「私にはこの仕事(職種)しかできない!」
 
 
という気持ちがあるのもよくわかります。
 
ではここで一度、
イライラしてる人の気持ちを考えてみましょう。
あなたが今思い描いているその人も、もしかしたら苦しんでいるのかも知れません。

イライラしてる人の特徴

あの人は一体、何を理由にイライラしているのでしょうか?

これから書くことはこれまで出会ったイライラしてる人、そしてかつての私自身の話です。

休むのは悪

・勤務開始時刻より早く働き始める

・残業する

・休憩時間を削って仕事をする

・休日出勤する

・休日でも仕事の事を考えている

仕事ができない人ばかり

・自分が3人いれば仕事が上手く回ると思っている

・自分のやり方や手順が正解で、それ以外を認めない

・自分のやり方にそぐわない人=仕事ができない人と思っている

・他の人がどんな働き方をしてるかに敏感

プライドが高い

・人の意見は必要ないと思っている

・これまで自分がしてきたことだけを正解だと信じている

・特に年下や後輩に厳しくものを言う

こだわりが強い

・様々な事や考え方にこだわりがあり、別のやり方や考え方をしている人に対し不機嫌になる
 
・「〇〇ができなかったらどうするの!」が口癖(別の方法を知らないので焦っている)

他人を変えるのは無理

残念ながら、他人を変えることはできません。
人はいろんな経験をしながら少しずつ変化し成長していきますが、そのタイミングをあなたが決めることはできないからです。
 
 
 
それなら、
 
自分が変わればいい。
 
 
なぜ悪いのは相手の方なのに、自分が変わらなくちゃならないって話になるかわかりますか?
 
 
あなたがなんとかしたいと思う「あの人」や「あの会社」は、いくらあなたが辛かろうが泣こうが怒ろうが、変わりません。
 
 
 
 
でもね、あなたの気持ちを変えられるのはあなた自身というのと同じように、「あの人」も「あの人」が自分で変わろうと思わなければ変わらないからです。
 
 
変わろうと思っていてもこれまでの自分が邪魔をして一歩踏み出せないこともあります。
 
変わりつつあったのに、やっぱり自分はこれでいいのだと踏みとどまることも。
そんな経験はあなたにもあるのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

私の転機

以前、私がいつもイライラして働いている頃こんなことがありました。
 
 
 
全然仕事をしない人(覚えられないからできないまま)がいまして、上司もその状況は把握していたにも関わらず、仕事を教えることもせず放置。
見かねて私が作業を教えました。
 
だって同じ時給だし、彼女は私のやってる作業の10分の1しかやっていないのに不公平だ!と感じていたので。
 
そのことを当時の私はイライラ全開で上司に報告しました。
 
すると、
 
「ありがとうございます。…でも、やってと頼んだ訳じゃないし…
それはぷぷるさんが勝手にやってくれた事であって…ありがたいとは思いますけど」
 
 
こう冷静に言われました。
 
 
これを言われて私は、これまでの自分のやり方を全て否定されたような気がして、本当に頭からプシューッと何かが出たんじゃないかって思うほどに怒り爆発しました。
 
 
「誰も教えないから彼女はいつまで経っても仕事ができないんじゃないか!
だから私が彼女の為、この会社の為にやってあげたのに!
もういい!だったらもう自分から何かをするってことをやめてやる!!」
 
この出来事からしばらくの間は心を無にして、とにかく何も考えず、1人もくもくと仕事をしていました。
 
すると見えてきたのです。
 
 
これまでの私の行動は、「〇〇するべき」「こうじゃなきゃダメ」は、仕事に対して責任感があるからだと信じていたのですが、
実はこれは相手のことを考えずに否定ばかりの『自分本位』な行動・言動だったんだということを。
 
これに気付いてから私は少しずつ変化していきました。

『メタ認知』

メタ認知というのは私も少し前に知ったのですが簡単に言うと、あなたの思考にあなた自身を登場させて客観的に物事を見てみるという方法。

詳しくはこちら⇓にも書いてありました。
 
 
例えば、「アイツ腹立つわ。なんであんな事を言うの?」って思ってるとき、あなたの頭の中にはきっと『アイツ』の顔ばかり浮かんでいます。
これだとイメージの中に『私』がいません。
 
そこに『私』を登場させます。
 
例えば嫌なことを言われている時の『アイツ』と『私』を斜め上の天井の方から見ているように⇓
 
 
私はアイツにあんな事言われて腹立つ→私はなぜこんな事を言われなきゃならないの?→私は頑張っている→そんな私を認めて欲しい→私を見てくれてない→私を認めてもらえないのは悲しい
 
 
 
そう。本当の答えは、
 
アイツをなんとかしたい」ではなく、
 
私は悲しい。だったのです。
 
 
※『私』の部分に自分の名前を入れて呼んであげるとより、やりやすいです。
 
 
答えがわかったあとは、
 
「私(名前)、悲しかったね。がんばってるね」と労ってあげましょう。
 
 
こういう思考の持って行き方は最初はすぐには出来ず、どうしてもこれまでの癖で
 
「アイツめ~!!」って相手に向かってしまうと思うんですが、思い出した時にパッともう一人、自分を見ている自分の目線というのを練習しておくと良いと思います。

さいごに

あなたが嫌だと思っている『あの人』も、誰かからのイライラを受けてイライラしているのかも知れません。

自分で自分を認めてあげることができず辛いのかも知れない。

 

逆に、あなたも誰かにイライラをぶつけている時があるかも知れない。

例えば子供、夫、親、友人。

本人には言えないから言いやすい人に「私、こんなにがんばってるよ」って認めて欲しくてそうなってしまっているだけかも知れません。

 

ガマンをするのではなく視点を変えて、まずは自分を認めて労ってみて。

そうすると不思議と他人のイライラも気にならなくなります。

 

ちなみに今も私のパート先には毎日イライラしてる人がいます。

誰かに対する怒りをグチってきたり、時には話しかけてもそっけない返事しかされなかったり、無視されたりもします(笑)

私は良くも悪くも、他人の感情があたかも自分の感情のようになってしまうことがよくあるので、そこだけは意識して気を付けていますが。

 

 

「そういう時なんだな」「いつか気付くといいな」「笑顔ステキなのにもったいないな」

などと考えて、そのあとはまた自分のことを考えます。

 

今回お話した『メタ認知』が全ての解決策だとは思っていませんが、あなたが今の辛い状況から少しでも抜け出してくれたら良いなと思ってご紹介してみました。

 

 
※毎日グチを周囲の人に撒き散らしてスッキリして、それを活力にして元気に生きているタイプの人もいますので、いろんな人がいる中の一例として読んで頂けたらよろしいかと思います。
 
 
 
ぷぷる
スポンサーリンク