こんにちは。ぷぷるです。

子供に英語を話せるようになって欲しいと願っている親御さんは多いですよね。

その思いがあればあるほど、時に子供にとってはあまり言わない方が良い言葉を使ってしまいがち。

 

今回はその言葉の例と、なぜ使わない方がいいのかという理由。

特に英語に苦手意識を持っている親御さんに向けたエールというか、

どうやったら子供と一緒に英語を楽しめるのか?というお話をさせて頂きたいと思います!

 

 

スポンサードリンク

 

 

「どうせ君はできない」

例)

・私ができないんだから、その子供である君もきっとできない

・落ち着きがないからできない

・昨日のこともすぐに忘れるくらいだから、今後やってもきっとできない

 

「〇〇だからやりなさい」

例)

・数年後はオリンピックだから

・学校で英語の授業があるんだから

・将来なにかの役に立つから

・私が話せないから

・テストで良い点を取らなきゃならないから

 

「がんばれ」

例)

・こんなちょっとしかやってないの?もっとがんばって

・がんばってコレ言ってみて

・遊んでないでがんばってよ

ってこれらの言葉、実は自分に言いたい言葉だったり…??

子供は全部知っている

長年の間、

「どうせ私は英語が話せない」

「これからの世の中、国際化社会だから話せた方がいいよねー」

「がんばんなきゃ」

 

だけど…

今更この歳になってできるわけがない

できなくても生きていける

めんどくさい

結局こっちが勝つ

 

この気持ち全部、子供は見抜いてますよー

だって子供は自分の気持ちにしょーじきだから。

楽しいコトなら何十回でも繰り返しやりたい

楽しくないコトはやりたくない

 

そんなしょーじきな反応を見てまた

「どうせ君はできない」

「〇〇だからやりなさい」

「がんばれ」

のループしてませんか?

 

ならどうすればいい??

カンタンです。

 

 

スポンサードリンク

 

あなたが楽しめばいーんです

そう。あなたが楽しめばいーんです。

 

英語苦手な私がどうやって楽しめばいいの?

うん。そしたらまず、英語ってくくりを外して考えてみて。

 

何してる時が楽しい?リラックスできる?

読書?カラオケ?お菓子作り?スポーツ?

テレビや映画見てる時?散歩?お絵かき?

なんだっていい。

 

それ、英語でなんて言うのかやってみよう。

イメージしてみると、

以外と私、知ってる英単語があるんだなーって気付くかも。

その知ってる英語をできるだけ、あなたの中で「これ一番!」の発音で子供に言ってみよう。

 

大丈夫。どうせ誰も聞いてないから。

誰も見てないから。

最初はちょっと恥ずかしい。

子供に「なにそれー」って笑われるかも。

だけどあなたが楽しそうにしてたら、子供もきっとマネするよ。

 

散歩しながら「歩こ~walk!」って言って一緒に笑える。

テレビ見ながら「この人crazyだね」って言い合える(笑)

甘いお菓子を食べて「yummy」って顔見合わせて幸せになれる。

 

そこから始めればいい。

頭で難しく考えるから始めることすらできない。

そんな自分を棚に上げて子供に、

「君はできないからがんばらなければならない」

「これからの時代は英語は話せなきゃ」

(私はやらないけど←心の声)

とか言っちゃうのよ。

 

欲張らずにまずは始めることです。

 

カンタンに英単語を覚える方法

 

例えばブロックで楽しそうに遊んでいる子供。赤は英語で?

はい。知ってる単語ですよー

せーのっ!

「red」

よくできました(笑)

今日から一週間、子供が赤いブロックを手に取った時に「red」って言い続けてみましょー

きっとマネして言えるようになります。

来週は黄色いブロックの時に「yellow」です。

 

なんということでしょう。

2週間で英単語を2つも覚えたではありませんか…

しかも楽しみながら。

まさにこれの積み重ねなんですよね。

さいごに

自分のことも子供のことも見損なわないでください。

できないコトばかり探すんじゃなく、できるコトたくさん見つけよう。

じっくりじっくり楽しいコトと付き合おう。

 

大好きなあなたの子供と一緒なら、きっとたくさんみつかるはずだから。

楽しいことなら別にがんばらなくたって何度もできるから。

子供からの「僕(私)はコレが好き!コレ楽しい!」のサインを見逃さないでください。

そこに英語をチラッと入れてみる。

一週間、同じ言葉を言い続けてみましょう。

 

 

今回は具体的なバイリンガル子育てについてのアドバイスがあまりなくてごめんなさいね。

でも私はこうやって自分の子供と向き合ってきた結果、「帰国子女並み」の英語力(読み・書き・リスニング・スピーキング)だとNOVAで認めてもらえました(笑)

その記事はこちら↓

 

なので世のお父さん、お母さんたちもどうか必死にならずに夢中にさせてあげて欲しい。

そのためにはあなた自身が楽しんで欲しい。

それを伝えたくて書きました。

具体的な英語の内容や、今回書いた内容を具体的に私はどうやってるのかについても書いていくつもりですので、時々ブログを見に遊びに来てくれたら嬉しいです♪

 

ではまた

 

ぷぷる

 

 

スポンサードリンク