こんにちは。ぷぷるです。

 

ハロウィンと言えばカボチャのおばけ、ジャックオランタン(英語表記:Jack-o’-Lantern。読み:ジャックオーランタン、ジャコランタン、ジャックランタンなど)ですが自宅などで簡単に子供と一緒に作れたら準備も楽しいですよね♪

今回はいくつかご紹介します!

 

お菓子を入れるトリートバッグの作り方はこちら↓をご覧ください♪

 

スポンサードリンク

紙コップで

これはとっても簡単!!

オレンジ色と白の紙コップで作れます。↓動画を見てみてください。

カッターナイフやハサミで切り込みを入れていますが、これは必ず大人の方がやってあげましょうね。

もしくは工作が苦手という方は切り込みを入れなくても、ペンで顔を描くだけでもいいと思います。

こんな簡単な物でも子供って大喜びしてくれます(^^)

 

「ぼく(わたし)が、自分で作ったんだ!!」っていう達成感も得られるので、とってもオススメです。

 

 

次は色画用紙と紙コップを使った工作。

これは中にお菓子を入れて持ち歩けるタイプですね↓

簡単なのにカボチャの丸みも表現できていて、とってもキュート♪

表情は自分好みで作って、子供にペタペタ貼ってもらえば一緒に作れますね。

ハロウィンの季節が近づくと、店頭からオレンジ色の材料がなくなる可能性が…どこ探しても見つからない!

とお困りの時は↓↓良さそうなの見つけときました。

 

【ハロウィン・パーティー】9オンス紙コップ オレンジ(アメリカ製)266cc 6個入【あす楽】

価格:345円
(2017/8/16 23:48時点)

 

折り紙で

まだ小さな子供だと折り紙を折るのは難しいと思いますので、この動画を見て1人で折れるのは4~5歳ぐらいからでしょうか?(もっと上かも…)↓

ま、でも何事もやってみなけりゃわかりません。それに、きっちりかっちり出来上がらなくても「それっぽく」なればあとは顔を描いちゃえばジャコランタンに見えると思いますので、まずは一度一緒にやってみるといいかも。

大きく折るところは子供に、細かいところは大人が。って感じに♪

 

 

スポンサードリンク

 

 

次は折り紙もしくは色画用紙を使って、切り絵(切ってから広げるとつながっているやつ)を作る動画をご紹介↓

あまり厚みがあると切りにくいのでご注意を。

途中で切れてしまったらセロテープで止めたら大丈夫!

もしくは最初から一つずつ作って、大きな台紙になる紙に貼り付けていくのも楽しそう♪

本物のカボチャで

これはちょっと小さな子供には難しいかと思いますが…というか刃物を使う時は必ず大人がやってくださいね!

一緒にやるとしたら、

①顔の表情をペンで下書きしてもらう。

②スプーンまたは手で直接、中身をくり抜く。

 

うん。これなら子供にもやってもらえそう↓

ちなみに…本物のカボチャは、当然ですが腐ります(泣)

くり抜いたカボチャはもって2~3日です。放置しておくとカビが生えてきたり、虫がついたりしてしまうので記念に写真に撮ったら処分しましょう。

今日のおまけ。オレンジのカボチャはどこで買える?

工作の為の材料は100円ショップや文房具屋さんなどで簡単に手に入りますが、オレンジ色のカボチャはどこで買えるのか??

最近では手のひらサイズの小さなものなら、スーパーマーケットで目にすることも多くなってきました。

あとはお花屋さんで売っていたりします。

それ以外だとホームセンター、ネットなどでしょうか。

 

オレンジ色が手に入らずに日本の緑色のカボチャで作ってみるのも良いかも知れませんが、ご存知の通り緑のカボチャはめちゃくちゃ硬い…ですので、くれぐれもケガのないように気を付けてくださいね!!

 

ぷぷる

 

スポンサードリンク