こんにちは。ぷぷるです。

ハロウィンと言えば、大人も子供も仮装をして楽しみたいですよね。

ではそもそもどうして仮装をするのでしょうか?その起源と、今年はじめて仮装デビューをしようと考えている人にオススメの簡単な仮装もご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

どうして仮装をするのか?

ハロウィンの10月31日は古代ケルト人にとっては収穫を祝う日と共に、一年最後の日でもありました。

その日は日本で言うお盆のような日で、死者や悪霊たちがこの世に降りて来てると信じられていました。

 

その悪霊たちに子供を連れ去られないように恐ろしい格好をして「こっちも同じ恐ろしい悪魔の仲間ですよ」と知らせる為という説と、悪霊たちよりも怖い格好をして「こっちの方が怖いでしょ?」と知らしめて逃げてもらおうという説の2つが有力なようです。

日本では本来の意味…というより、仮装をすることそのものの方が定着してきていますね。

子供よりも大人の方が、一年に一度、日頃のうっぷんを晴らすかのようにいつもの自分とは違う姿に変装することを楽しんでいるようです。

 

ハロウィンの由来・起源についてはこちら↓に詳しく書いてありますのでご覧ください。

初心者にオススメの仮装(大人の女性)

派手で目立つ仮装は抵抗があるけど、今年は何かやってみたいと考えている人もいるのではないでしょうか?

そんな人にオススメの仮装と言えば魔女です。

英語で言うとWitch「ウィッチ」ですね。

 

ドンキホーテや東急ハンズやネットなどで様々なコスチュームを買うことができますが、魔女ならお手持ちの黒のワンピース・黒の靴・赤い口紅だけでも魔女っぽく見えちゃいます。

なのでほんの少し変身してみたいなーと思っている人には一番オススメです!

 

 

スポンサードリンク

 

初心者にオススメの仮装(大人の男性)

男性の場合、私のオススメはドラキュラ(吸血鬼)です。

英語で言うとVampire「ヴァンパイア」ですね。

黒のパンツ、白いシャツ、黒マント、黒の靴だけでもそれっぽく見えちゃいます。

蝶ネクタイをしてみたり、血のりを口の下に垂らして、左右の牙なんかをプラスするとカンペキですね。顔色を悪く白くする為に女性にファンデーションを借りて顔全体を白くしてみるともうドラキュラ完成です♪

初心者にオススメの仮装(子供)

ベビーカーに乗っているぐらい小さな子供の場合、見えるのは主に体の前部分になるので、動物やテントウムシ、ハチなどの着ぐるみなんか可愛らしいですよね♪

 

 

少し大きな子になると女の子はプリンセスや妖精など、ひらひらキラキラふわふわな感じが好きな子が多いので、特別仮装の衣装でなくても普段も着れるようなワンピースにステッキを持ってみるのも良いかも。

背中に付ける羽やカチューシャも数百円で手に入ります。

ハロウィン用のコスチュームだと、ノースリーブや半袖の物、生地がペラペラで10月に着るには肌寒いと思うような物もあるので、インナーを着せるかコスチュームに合った上着が一枚あると良いと思います。

また、コスチュームの場合、洗濯不可の生地で作られていることも多いので来年も着るのであれば汚さないように注意が必要ですね。

とはいえ子供には毎年違う物を着せたいと思ってしまう親御さんも多いのでは?

そう考えているのであればやはり、普段も着れて妖精っぽいプリンセスっぽい洋服がベストなのかなーと思います。

 

 

男の子の場合は、ヒーローやゲームやアニメに出てくるキャラクターが人気が高いですね。

最近ではTシャツやパンツ(子供用スパッツ)などにあらかじめそのキャラクターの衣装がプリントされていて、その上下を着るだけでコスプレしているように見える洋服も売られています。

 

あと男の子ヒーローと言えば警察官や消防士さん、パイロットなど。

中でも消防士さんならオレンジ色のレインコートと白ヘルメットと長靴を履けば、それっぽく見えますよね♪

さいごに

いずれにしても本格的な仮装をしたい場合は、子供の場合は親御さんの手をどこまで加えるか…ですよね(^^;)

大人の場合もどこまでこだわるか…ですね。

 

ハロウィンのこの日ばかりは体や顔に傷や血が付いている人が街中に増えますが、本格的にやってみようという方はどうか「私は無事です(この血はニセモノです)」という素振りを見せておいて頂けると、個人的には助かります(笑)

 

女性の方も極端に露出が多いと、色々とキケンですからおばちゃん心配になります(^^;)

でも基本的にはお祭りごと大好きなぷぷるです。

ある程度の秩序を守って楽しみたいですね。あなたもくれぐれも事件事故には巻き込まれないように(ババくさいこと言ってすみません…)それぞれの仮装、お楽しみください。

笑顔でおうちに帰るまでがハロウィンですよ(笑)

 

ぷぷる