こんにちは。ぷぷるです。

 

ハロウィンといえばオレンジのカボチャ。

でもどうしてカボチャを飾るんでしょう??

知ったらきっとすぐ人に話したくなる豆知識をお届けします。

 

 

スポンサーリンク

実は最初はカボチャじゃなかった

アイルランドの昔話で『ジャックオーランタンの伝説』というものがあります。

その中から抜粋した文章をまずご紹介します。

昔、怠け者でずるがしこく酒好きのジャックという男がいました。

ジャックは日頃からウソばかりついては人々を騙していました。

 

ある日、

魂を取りに来たという悪魔に出会いますが上手く騙し悪魔に

「ジャックの魂は取らない」と約束させました。

 

時は流れやがてジャックは寿命を迎えこの世を旅立ちましたが、

生きている間の行いが悪かったので天国へは行けませんでした。

 

そこで地獄へ向かいますが生前出会った悪魔がそこにいて

「ジャックの魂は取らないと約束しているから」と言われ

地獄にも行く事ができませんでした。

 

天国にも地獄にも行けなくなったジャックは、

落ちていたカブをくり抜いて火を灯し、天国と地獄の間を永遠にさまよい歩き続けました。

 

この伝説からジャックオランタン(ジャックのちょうちん)が広まったと考えられています。

 

カブで作ったランタン↓

(中身をくり抜き、火を灯して魔除けとして玄関先に飾っていた)

 

色が白いせいか、とんでもなく不気味に見えるのは私だけでしょうか……

オレンジのカボチャに変わってくれてよかったぁ…(笑)

 

カボチャを飾るようになったのはアメリカの都合?

アイルランドのジャックオランタン伝説がアメリカに伝わった際、

アメリカはカブを栽培するのに適した環境ではありませんでした。

 

その代わりに大きなオレンジのカボチャがちょうど秋の収穫の時期と重なることもあり、

大量に収穫することができたのでカブからカボチャに代わり、アメリカで定着していったそうです。

(諸説あり)

 

そしてそれが他の国にも伝わり、

ハロウィンと言えばオレンジのカボチャ。と連想されるほど浸透していったんですね。

 

しかし今でもスコットランドなどの一部の地方では、

カボチャではなくカブでジャックオランタンを作っている地域も残っているそうです。

 

※日本でよく見るカブではなく、ルタバガ(rutabaga)という大きなカブです。

↓↓

ジャックオーランタンの作り方

今年はやってみようかな?と思った人は試してみてください♪

↓↓

 

準備する物

  • カボチャ
  • マジックペン
  • 短い包丁
  • スプーン
  • 新聞紙

(完成したらキャンドルを入れます)

 

準備ができたら、ジャックオランタンの表情を下書きして…

あとは気合いで中をひたすらくり抜くだけ!!

ケガしないように気を付けながらがんばって!!

 

 

アメリカサイズのカボチャは手に入れるのが難しいかも知れませんが、

小ぶりのものでしたらスーパーなどでも時期が近付くと見かけるようになりましたよ。

 

あえて日本のカボチャでやってみたり、

他の野菜やフルーツで作ってみるのも面白かも?

↓↓

 

中にフルーツを入れているのでランタンにはなっていませんが、カワイイですね♪

 

この動画のようなオレンジでなら、家庭でもマネしやすいかも。

 

子供に出してあげれば喜ぶこと間違いなしだし、ハロウィンパーティーするならぜひぜひ試してみて下さいね♪

 

スポンサーリンク

ランタンの中身は捨てる?食べる?

アメリカではハロウィンの日、

各家庭でいくつも大きなカボチャをくり抜いてジャックオランタンを作るんだそうです。

 

くり抜いた中身は食べているのか?捨てているのか?

以前アメリカ人の友人に聞いてみたところ、

 

「当然、食べるよ!パンプキンパイにするんだ。

砂糖をガンガン入れてね。

日本のカボチャのように甘くないから、たくさん砂糖を入れないと美味しくないんだよ。

毎年この季節になると母親が焼いてくれてたよ」

と教えてくれました。

 

日本のカボチャで作れるパンプキンパイの動画を添付しておきます↓

私も何度か作ったことがありますが、割と簡単だし美味しいですよ♪

 

オレンジ色のカボチャでの作り方の動画も添付しておきますね↓

分量の『teaspoon』は、『小さじ』のことです。

電動ミキサーを使うとなめらかで口当たりも良さそうですね!

さいごに

ジャックオランタンの顔が怖いのは、悪霊を怖がらせて追い払うためと言われています。

 

10/31は日本で言うお盆。

死者の霊が降りて来る日だと信じられていました。

↓↓

 

私もだいぶ前のことですが、小さめのオレンジ色のカボチャをくり抜いたことがあります。

 

でも、かーなーりー

かたいです(汗)

 

中身全部スプーンだけでくり抜こうとすると、

手が痛くて痛くてめげそうになります(;_;)

だってカボチャって生だと皮も中身もすごくかたいじゃないですかぁ。

 

そして運悪く…私がくり抜いていたカボチャの中から虫がたくさん出てきました……(ぎゃー!)

このことがあってから

「もう二度と丸ごとのカボチャは買うもんか!」と誓った私でした。

(私は虫が本当に苦手なもので…)

 

運良く何事もなくくり抜けたとしても、よく考えたら生の野菜ですよ。

生の野菜を家の外や部屋の中に何日も放置していたらどうなるか……

ある程度の想像はできるかと思います。

(当日に作って数時間だけなら大丈夫かも知れませんね)

 

そういったことも踏まえて

やってみるかどうか考えた方が良いかも知れません。

 

それと上にも書きましたがオレンジ色のカボチャは甘みがほとんどない物が多いので、

お砂糖もたくさん準備しておくことをオススメします。

 

 

ぷぷる

 

 

スポンサーリンク