こんにちは。ぷぷるです。

 

夜に突然、庭にトトロ達がいて変なダンスをしていたら…ちょっと怖いですよね。でも貸してあげた傘を持って芽を出そうとしてくれている姿は、怖いけど可愛らしい(笑)

 

「まっくろくろすけ出ておいで」は英語でなんて言っているのか?について書いた記事はこちらです↓

 

 

スポンサードリンク

 

このシーンの登場人物

Satsuki: サツキ(12才の女の子)
Mei: メイ(4才の女の子)
Father: お父さん(サツキとメイの父。東京の大学研究員)

「夢だけど!夢じゃなかった!」までの会話抜粋

夜、布団に入って寝る準備をしている3人。

普段の私たちの会話でも使えるやりとりがありますので、そこから書いていきたいと思います。

 

Father: Come on, get off. I said get off! Come on, it’s bed time.

「これこれ。よっ。おっ、おっと。消すよ」

 

Mei: Daddy? Will the plants come out? I mean will they come out tomorrow?

「お父さん。あした芽でるかな?」

 

Father: That’s tough to say. Parhaps Totoro will be able to say if they will. Good night.

「そうだなあ。トトロなら知っているんだろうけどな。おやすみ」

 

~~~~~~~~~~~~~~~

Satsuki: Wake up, Mei!

「…メイ」

 

Mei: Huh?

「うーん」

 

Satsuki: But isn’t that where we planted….

「木の実をまいたとこだよ」

 

Mei: Yeah!

「うん」

 

Satsuki: It worked!

「やったー!やったー!」

~~~~~~~~~~~~~~~

Satsuki: We did it!

「やった!」

 

Mei: We did it! Yeah!

「あっ!」

 

Satsuki: It was only a dream.

「夢だけど」

 

Mei: It wasn’t a dream.

「夢じゃなかった」

単語や表現の解説

・Come on=「おいで」という意味の他に「ほら」「さぁ」といった意味もあります。

・gett off=「降りて」逆にget onは「乗って」です。

・I said 〇〇=〇〇って言っているでしょ

・it’s bed time=寝る時間だよ

・plant=植物。日本語で植物を植える容器の事を「プランター」と言いますが、植える人の事もプランターと言います。

・I mean=「つまり」「っていうか」

・come out=出てくる

・tough(タフ)=頑丈、堅い、難しい

・Parhaps=たぶん、もしかしたら

・be able to say=言う事ができる

・It worked!=It worksで「うまくいく」なので過去形で「うまくいった」という意味。今回はその前に話していた事がうまくいったという事なので、「芽が出たよ」と訳しました。

・We did it!(ウィ ディディッ)=「やった!」「できた!」という意味で、普段よく使える言葉です。相手に対して言いたいときは「You did it(ユー ディディッ)」自分ができた時は「I did it(アイ ディディッ)」

今日のおまけ

DVDのジャケットや、映画公開当時の宣伝ポスターにも使われている写真ですが。

実はそこに描かれているのはトトロと女の子が一人だけ。これはサツキでもメイでもありません。

ご存知の方もいるかと思いますが『となりのトトロ』は当初、主人公は女の子一人の設定だったのだそうです。

しかし物語を更に発展させる為に(上映時間を長くする為に)姉妹の話に変更したのだと、以前テレビのドキュメンタリー番組で宮崎駿監督が話していました。

 

疑問に思っていた方にとっては「なるほど!」と思っていただけましたか?

小ネタに使ってください(笑)

 

ぷぷる

 

【送料無料】となりのトトロ/アニメーション[DVD]【返品種別A】

価格:4,060円
(2017/6/14 09:11時点)

スポンサードリンク