こんにちは。ぷぷるです。

 

前回は野獣がベルを夕食に誘う場面をご紹介しました↓

今回は、ベルは本を読む事が大好きだということをコグスワーツやルミエールが知り、たくさんの本(library=図書室)を野獣がベルにプレゼントするシーンから英会話を学んでみましょう。

スポンサードリンク

このシーンの登場人物

♦Beast: 野獣

♦Belle: ベル

英語のセリフと日本語訳

野獣はベルの心を開こうと、何かプレゼントをあげたいと考えます。ベルが気に入るプレゼントとは何か…?

 

Beast: Belle, there’s something I want to show you. But first, you have to close your eyes.「ベル、あるものを君に見せたいんだ。でもまずは目を閉じてもらわないと」

Belle: Can I open them?「開けてもいい?」

Beast: No, no. Not yet. Wait here.「ダメダメ。まだだ。ここで待ってて」

Belle: Now can I open them?「もう開けてもいい?」

Beast: All right. Now.「いいぞ。開けて」

Belle: I can’t believe it. I’ve never seen so many books in all my life!「信じられない。こんなにたくさんの本を見たのは生まれてはじめてよ!」

Beast: You–you like it?「気…気に入ってくれたかな?」

Belle: It’s wonderful.「なんて素晴らしいんでしょう」

Beast: Then it’s yours.「それならこれは君のものだよ」

Belle: Oh, thank you so much.「まぁ。本当にありがとうございます」

単語や表現の解説

・there’s something=何かがあります

・there’s something I want to show you. =これは『I want to show you something.』という語順が普通ですが、あえてthere’s somethingを先に言っているというところから野獣の”照れ”や”気に入ってもらえるかどうか?”という不安な気持ちが表れているように感じます。

このセリフを日本語で言うとすると「君に見て欲しい物があるんだ」とストレートに言うのではなく、「ちょっとした贈り物があるから、よければ君に見て欲しい」みたいな言い方ですね。

 

・Can I〇〇?=〇〇してもいいですか?

・Can I open them=ここでの『them』は、eyes(両目)の事を指しています。英語では続けて同じ単語を使用せずに置き換えて言います。

野獣が一度『close your eyes』と言っているので2度目であるベルのこのセリフでは『them』を使っているんですね。

 

・I’ve never seen〇〇=〇〇を見た事がない。と言う時に使う決まった文章ですので、これはこのまま覚えてしまいましょう。

そしてついでにもう1つセットで『I’ve never been〇〇=〇〇に行った事がない』も覚えておきましょう。

会話の中だと例えば『Do you know 〇〇?=〇〇って知ってる?』と聞かれたら『No, I don’t, I’ve never seen it=ううん、知らない。見た事もないよ』と言ったり、『Have you ever been to〇〇?=〇〇に行った事はある?』と聞かれたら『No, I’ve never been to there.=ううん、行った事ないよ』と言う事ができるので、結構使えます。

 

・in all my life=私の人生すべてにおいて、生きてきた中で。という表現ですのでこれも丸っと覚えておきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

この会話の前には

野獣とベルの会話の前にこんなやりとりをしています。

時計のコグスワース:Well, there’s the usual things–(そうだな。女性がたいてい喜ぶ事といえば…)flowers(花), chocolates(チョコレート), promises you don’t intend to keep…(守れない約束はしない)

ロウソクのルミエール:Ahh, no no. It has to be something very special.( おっと。ダメダメ。もっと特別なものでなくちゃ)Something that sparks her inter–(彼女の心が燃えるような何かをね…)wait a minute.(少々お待ちを)

 

※usual things=一般的なこと(もの)

※promise=約束

※intend=つもりである

※to keep=保つ

※spark=火花、ひらめき(ビビっとくる)

さいごに

日本語訳の部分は私が訳してみたものです。

私は、このたくさんの本が出てくるシーンがとても好きです。本や詩が大好きなベルにとってはきっと天国に来たように感じたんだろうなと。そのベルの事を考えてプレゼントすることを提案したルミエール達、野獣の表情が優しくなっていく姿にほっこりするからです。

 

それにしてもハシゴを使わないと届かないぐらいの本棚がたくさんあるなんて、どんだけこのお城は広いんだ!それと、こんなに大量の本を心から喜べるなんて、どんだけベルは本が好きなんだ!

と、このアニメを見た当時私は驚いたのを覚えています。私だったらあんなに本をプレゼントされてもあまり喜べません(笑)

 

ぷぷる

 

美女と野獣 MovieNEX ブルーレイ+DVDセット [ ペイジ・オハラ ]

価格:3,888円
(2017/5/10 22:35時点)

 

スポンサードリンク