こんにちは。ぷぷるです。

 

私もとても苦手だった文法の基本の部分をお話していきたいと思います。日本語と英語では語順が違うので、英語の文章を読み解くときには文法の法則を知っておかないと、理解ができなくてつまづく原因にもなります。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

SVOCとは

S=subject「サブジェクト」=主語

V=verb「ヴァーブ」=動詞

O=object「オブジェクト」=目的語

C=complement「コンプリメント」=補語

文型の種類

文型は以下の5つです。どんなに長文だとしても、この5つのどれかの語順で成り立っています。

・第1文型=SV(主語+動詞)

・第2文型=SVC(主語+動詞+補語)

・第3文型=SVO(主語+動詞+目的語)

・第4文型=SVOO(主語+動詞+目的語+目的語)

・第5文型=SVOC(主語+動詞+目的語+補語)

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

例文

それではそれぞれの文型の例文を見てみましょう。

第1文型SV=主語+動詞

①I go.(私は行く)

②I go to school.(私は学校へ行く)

③I went to school yesterday.(私は昨日学校へ行った)

 

このように、主語(I)+動詞(go, went)のみでも理解できる文章のことを第1文型と言います。「私は、行く(行った)」だけだと「どこに?」「いつ?」というのがわかりません。そんな時に場所や時間を付け加える役目をしているのが、修飾語(M=modifier「モディファイァ」)です。②のto school、③のto school yesterdayは修飾語です。

 

第2文型SVC=主語+動詞+補語

①He is my boss.(彼は私の上司です)

②He was very angry yesterday.(彼は昨日すごく怒っていた)

③He was very angry at the office yesterday.(彼は昨日オフィスですごく怒っていた)

 

SVCの文型はSVのように主語+動詞だけでは意味が伝わらず、かつ、補語(my boss)が主語(He)とイコール(S=C)で結ばれる文型です。

①の場合『He=my boss』、②と③の場合『He=very angry』、それ以降のyesterday, at the office yesterdayは、「すごく怒ったのはいつ?どこで?」を説明しているので修飾語です。

 

第3文型SVO=主語+動詞+目的語

①She ate a sandwich.(彼女はサンドウィッチを食べた)

②She sang a song very well.(彼女はとても上手に歌を歌った)

③She practices singing for 2 hours every day.(彼女は毎日2時間歌う練習をしている)

 

英語の文章でもっとも多いのがこの第3文型です。『SはVをOする』と覚えておくと読み解きやすいと思います。

①の場合「S(She)はO(sandwich)をV(ate)する」となります。③は「Sheは、singingをpracticesする」さらにsingingにfor 2 hours every dayが付くので「毎日2時間歌っている」となります。

※目的語にできるのは、名詞・代名詞だけです。

 

 

第4文型、第5文型の例文はこちらで書いています↓

 

 

ぷぷる

 

 

 

スポンサードリンク