こんにちは。ぷぷるです。

 

現在「バイリンガル」には明確な基準や定義はありません。よく英会話スクールでは『バイリンガル講師が教えます!』などという宣伝文句も見かけますが、では何を基準にそう言っているのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

バイリンガル(bilingual)の意味

(大辞林から引用)

①状況に応じて2つの言語を自由に使う能力があること。また、その人。

②2ヵ国語で表現されていること。

 

この『自由に使う能力がある』というところが少々、曖昧で人によって解釈が異なるような気もしますよね。

バイリンガルというのはどこで判断するのか?

私のイメージですと、TOEICなどの点数が良い人=バイリンガルとは限らない。でも、そういった点数としての結果がなくても、スピーキングとリスニングの能力がネイティブ並みの人の事を言うのかな?と思います。

様々調べてみたところ、以下の4つの項目で判断することが多いようです。

①聞く

②話す

③読む

④書く

これら4つを、2つの言語で自由に使う能力がある人。

プラス、2ヵ国の文化についてもよく知っている人。

 

人によって解釈が違うので、『ある程度話せる人』や『外国人の方とコミュニケーションが取れる人』に対して「バイリンガルだね~」なんて聞くこともありますよね。

そもそも自分自身が英語が話せなければ、英語を話している人の英語力がどの程度なのかわからないです。逆に外国人の方が話す日本語を聞いた時、どの程度話せたらバイリンガルと判断するかは個人によって異なるのが現状なのかなと感じました。

 

 

スポンサードリンク

 

バイリンガル講師

英会話スクールなどでよく見かけるこの『バイリンガル講師』という言葉。恐らく、現在の日本ではネイティブ講師に英語を教えてもらいたいと考える方が多いために「日本人だけど英語もネイティブ並みなんですよ」という事を伝えたくて使われている言葉だと思います。

先生を選ぶ時、みなさんも以下のいずれかを考えるのではないでしょうか?

①外国人の方と関わりたいから日本人じゃ嫌だ

②困ったときは日本語で質問したいから、日本人もしくは日本語がわかる外国人が良い

③日本人の方が何かと安心

④日本人か外国人かは特に気にしない

 

ここで重要なのは、講師はただ2ヵ国語を話せる(読み・書き・聞き取り含め)だけではなく、基本的には講師としての教育を受けている人なんです。更に子供向けの英会話なら子供の扱いに慣れているという点も大事ですよね。

スポーツで言えば、サッカーや野球を上手にできる人がみんな、教えるのが上手か?と言ったら、そうとは限らないのと同じです。

バイリンガルであるというだけで講師はやっていないという事ですね。この場合、講師がバイリンガルかどうかの判断基準は、各スクールによって定められているのだと思います。

ネイティブ講師orバイリンガル講師?

通うタイプの英会話スクールでも、オンライン英会話でも、先生を選ぶ時はネイティブ講師かどうかよりも『先生としてどうか?』を考える方が大事ではないかと私は思います。

もちろん、ネイティブ講師にこだわって探すことが悪いわけではありません。私もそのようにして先生を選んでいました。

でもネイティブ講師の中には、英語はネイティブだけど講師としては未熟な方も正直、多くいます。なぜなら日本人にはネイティブ講師の需要が多く、『講師として』よりも先に『ネイティブである』という事を求める日本人が多いからです。

 

バイリンガル講師にも同じ事が言えます。

でも大事なのはバイリンガル(もしくは同等の英語力)であることや、ネイティブであることは英会話を教える上で大前提。そこを見るよりも『この先生に教えてもらいたい』と思える技術があるのかどうか?まで考えて選ぶと良いと思います。

 

ぷぷる