こんにちは。ぷぷるです。

英会話講師と英会話を学びたい日本人生徒とをマッチングさせるサイトが様々あります。私も2010年頃、英会話を学び始めた時に『あまりお金をかけず、同年代の人が話す生きた英語を学びたい』と考え、利用していたことがありますのでお話してみたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

カフェでやる英会話レッスンは安い?高い?

料金は講師のレベルなどによって異なります。

講師のレベルというのは、

  1. 単純に、講師としての歴が長いか短いか
  2. 日本人にとって教えるのがどのぐらい上手か(講師・生徒のマッチングサイトが判断していることが多い)

 

あとは、講師それぞれが自分で自分に料金を付けて提示している場合もあります。

例えば

「私は25才のアメリカ人。日本語はほとんど話せません。

1時間2000円で東京駅近郊のカフェで日常英会話を教えます」

 

「僕は40才のオーストラリア人。日本に10年間住んでいるので日本語も話せます。

1時間6000円で日常会話からビジネス英語まで教えられます」

(↑英文の場合あり)といった感じで書いてあります。

私が利用していた講師の場合

当時、私が探した講師の条件は

  • 女性
  • 同世代(20代)
  • 電車でお互い片道15~20分圏内の場所で会える
  • 日本語を話せない
  • 1時間2000円~3000円

 

これにマッチした講師と最初はサイトを通して連絡を取り、

その後は直接メールのやりとりをして

待ち合わせ場所や時間などを決めて、

週1回のペースで会う事になりました。

 

上記の「日本語を話せない」という条件は、

当時の私にとっては厳しかったのですが、

日本語を話せない外国人と話すことで自分の会話力を伸ばしたいと考えたのであえてそうしました。

 

スポンサーリンク

英会話レッスン料金の支払い方法は?

私の場合は直接現金で毎回レッスン終了時に講師に手渡しをしていました。

交通費を支払うかどうかは人それぞれですが、

カフェでかかる飲み物代は私が負担していました。

 

最初に講師と相談して決められる場合と、

最初から「交通費と飲み物代を負担して欲しい」

など希望が提示されている場合もあります。

紹介サイトによっては

レッスン開始前に登録料や、入会金などが発生する場合があります。

カフェで英会話レッスンを受けるメリット

身近に英語を話す相手がいなかった私にとっては、

低料金でカフェやレストランという手軽な場所で会えるのは便利でした。

 

また、

カフェ店内には他のお客さんもいます。

私は他人に自分の英語を聞かれるのも恥ずかしいと感じていたので、

その気持ちの殻をやぶるのには良いなと思いました。

 

講師と直接電話やメールでやりとりできるので、

体調不良でキャンセルしたい場合や待ち合わせ時間に遅れそうな時など、

すぐに連絡が取れてキャンセル料が発生しないというのもよかったです。

 

日本語と同じように英語でも

メール特有の表現や顔文字があります。

そういったことが経験できたのは今もいかされています。

カフェで英会話レッスンを受けるデメリット

最初はお互いの最寄り駅の中間辺りの駅で会っていましたが、

何回目かに「私の最寄り駅まで来て欲しい」と言われ、行きました。

するとその後も毎回そう言われるようになってしまいました。

 

レッスン時間中も私が何か質問をしても簡単な答えしか返って来ず、

ほとんど『会話』ではなく『ただお茶を飲んでるだけ』

みたいな状態で時間が終了してしまう事も増えていきました。

 

当時、私がもっと英語を話せていたら…

講師も少しでも日本語を理解できる人を選んでいたら…

こちらの気持ちや希望をもっと上手く伝える事もできたかも知れません。

カフェで英会話レッスンを受けて上達したのか?

やる前に比べてできるようになったこと

  • あいづちの打ち方をいくつか
  • メールの文章の作り方(ラフで若者が使うようなメール)
  • 簡単な単語と単語を組み合わせた程度の会話

ぐらいでしょうか。

 

さいごに

今回はあくまで私の個人的な感想も多く書きました。

講師と生徒のマッチングサイトは多数あり、

講師のバックグラウンドも様々です。

 

普段から英会話講師をしているという方もいれば、

日本に留学中で講師としての知識や経験はほとんどなく、

お小遣い稼ぎの感覚でやっているという方もいます。

(ちなみに私の講師は後者でした…)

 

『英語を話せる』ことと『英語を教えられる』ことは全くの別問題です。

 

それから、

全く英会話ができない状態の時は日本語を少しでも理解できる人、

もしくは理解しようとしてくれる人。

を選ぶことも必要だったなと思いました。

 

1回の料金が例えば2000円なら、月4回で8000円です。

1回3000円なら月12000円。

 

このぐらいの料金を払えば

英会話スクールで、きちんとプロの講師として教育を受けた講師に教えてもらえます。

どちらを選択するかは一度試してみると良いと思いますが、

個人的に連絡を取り合って会うようになる時に気を付けて欲しいのは、

私のように

自分の希望をきちんと伝えきれないという事がないようにして下さいね(^^;)

 

それから、

一応トラブルにならない為に気を付けて欲しいこと。

 

日常会話をするということはイコール、自分の事を相手にたくさん話すという事にもなります。

住んでいる場所や学校や仕事、家族や彼氏彼女についてなど、

プライベートな事も会話の練習という事で話すことも多いと思います。

 

信頼できる相手なのか?というのは、

いくら英会話講師と生徒として出会った相手だとしても、

1~2回話しただけでは判断できませんよね。

そんな時は

「これはプライベートな事だから話したくない」

と答えられる勇気も持って欲しいです。

 

私の場合は、残念ながらこの先生とは数ヶ月で10回にも満たないレッスン

(レッスンと呼んで良いのか?と疑問に思うほどの内容でしたが)で

こちらからレッスン中止のお断りの連絡をし、

それ以降カフェでの英会話レッスンというものはやっていませんが、

中には情熱と責任感を持ってレッスンを行ってくれる方もいるはずです。

私の失敗例も参考になれば幸いです。

 

ぷぷる

ベルリッツキッズ