はじめまして。ぷぷるです。

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

『こどもと一緒にEnglish』なんてブログ、どんな人が書いているのか?ちょっと心配になりますよね。

安心してください。一般的な家庭に育った普通の主婦です(笑)

 

 

プロフィール

30代、未就学児の子供の母。

普段は週3~4日でパート勤務。

それ以外に月数回、幼児向け英語リトミックの講師として活動中。

動物好き。特にネコ好き。

音楽との出会い

4歳からピアノを始めて以来ピアノが大好きです。

中学の頃からはギターを始め、バンド活動もスタート。

バンドでは歌を歌ったり作詞作曲も担当。

そのまま20代前半まではバンドばっかりやってました。

幼少期

英語とは全く無縁の、ヤンチャでいつもどこかケガしてるような子供でした。学校が終わると外が真っ暗になるまで走り回って遊んで、帰ってきたら夕飯までの間、ピアノを一心不乱に弾くという生活を毎日していました。

近所の方から「毎日ピアノ練習しててエライわね。すごく上手ねー(←言われて私ニヤける)…って伝えといてね(←やっぱり。私が弾いてると思われていない!)」

 

私は3人兄弟の真ん中っ子で、いつも母親からは「上はのんびりしていてボーッとしてるとこがあるから目が離せない。下はまだ小さいから目が離せない。あなたぐらいは一人でなんでもできるようになってね」と言われていたので、がんばって人の手を借りずに自力でできるよう常に努力しました。

すると学校でも「あなたは一人でできるから大丈夫ね。終わったらお友達に教えてあげて」と先生からも言われるようになり。頼られる事が嬉しい反面、心の中では同時にいつもどこか寂しさを感じていました。「できなければ友達と一緒にできるのか」「私も先生に優しく(注目)されたい」と考えるようにもなっていきました。

中学~高校生

勉強ができなければ先生に心配してもらえるし、友達とも「全然授業わかんないよねー」って楽しく話せる。という風に思った私は、中学に入ってから徐々に勉強をしなくなり、学校に行くフリをして家は出るけどそのまま仲間と遊んで過ごす事が多くなりました。

今から思えば「注目されたい」という気持ちの表れだったのかな?という感じなのですが、ちょうど反抗期とも相まって当時の先生をはじめ、親や周辺の方々にはとても迷惑と心配をかけまくりました…。本当に申し訳なかったと思っています。

 

だから私の最終学歴は一応、高卒。という感じです。全然自慢できることではないですけどね。

英会話を始めたきっかけ

 

そんな私がどうして英会話の勉強をはじめたのか?

いくつかのバンドを経験しましたが20代半ば頃に解散。今後の事を考えた時に、なんとなーく

 

「海外に行きたい」と思い立ち。海外と言えばアメリカorイギリス?どっちかと言うとUKロックも好きだし…

よし!イギリスに行こう!

 

こんな感じでイギリス行きを決定。でも当時、英語は全くしゃべれません。(知ってる英語はハロー、アイムソーリーとかだけです)でも、

「一人で行くんだから、せめて自分の身は自分で守れる程度の英語は話せるようにならなくては」

これが私が英会話を始めたきっかけ。

 

大人になってからの英会話習得には、非常に、苦労しました。

帰国後も勉強は続け、英会話学習スタートから10年以上経った今では、日常会話でしたら問題なく話せるようになり、海外の映画やドラマやアニメを日本語字幕なしでもほぼ理解できるようまでになりましたし、はじめて聞く洋楽も何を歌っているのかだいたいわかるようになりました。

 

帰国後に取った資格

イギリスに滞在していたのは数ヶ月でしたが、帰国後「何か日本と海外を繋げるような事が自分にもできないか?」と考え、調べた結果『日本語教師養成講座420時間』というのを見つけます。

海外に留学+資格取得のコースもありましたが、資金がもうなかったので通信で学んで資格を取得。(これは幼児向けではなく、日本に来ている外国の大人向け教師の資格です)

・日本語で日本語を教える

・英語で日本語を教える

この2つを英語と日本語のテキストを使用して学びました。

 

それから『J-SHINE(小学校英語指導者)』の資格取得。同時に英会話レッスンも決められた時間数通うことが必須だったので、半年ぐらい英会話スクールに通いました。

 

英語リトミックとの出会いから講師になるまで

J-SHINEの勉強をしている時に妊娠。その後資格を無事取得し30代で子供を出産。

子供を持ってからはじめて、様々な幼児教育があることを知り、その中の一つとして英語リトミックに出会う。

「私の大好きな音楽と英語を使って、その両方が一度に楽しく、子供の身に付くなんて」と感激!!

 

それから…「私もピアノ弾けるし英語もある程度ならしゃべれる。子供も好きだし、ひょっとしたら私も先生やれるんじゃない??」

と思い付き、講師になる為の勉強を開始し資格を取得。

講師としての活動をスタートしました。

子供が2歳の時でした。

 

 

 

 

私が渡英前に行った英語の勉強

まず、何からやったら良いかがわからなかったので、本屋さんで以下のテキストを何冊も購入。

・文法

・リスニング

・リーディング

・ライティング

・シャドウイング

 

それから

・英語に翻訳されている自分の好きなマンガ

・観た事がある映画の英語版書籍

・英字新聞

・輸入されているゴシップ誌

・子供向けの英語絵本

など。

 

来日外国人向けの英語で書かれたフリーペーパーは、町中の決まった場所に定期的に置かれているので、毎回必ず発行日になると取りに行く。

あとは、テレビでやっている英会話番組はできるだけ全部見る。(ペンとノート片手に)気に入った番組はDVDやテキストを購入。

海外のコメディドラマも好きなので、音声切り替えをして英語で見る(全部は理解できないけど、無料でリスニングの練習になるので)。

 

好きな映画はDVDで何度も英語(英語字幕)で見たり、字幕なしで見たりして雰囲気を掴む練習をする。

どうしてもきちんと意味を理解したい時だけ、日本語字幕を見る。

 

マンツーマンの英会話には週2~3日のペースで、約一年間通いました。

 

二年ぐらいかけてここまでお金をかけて勉強しても、

自分の英会話力に対する不安は、全然なくなりませんでした。

それに正直、渡英前までにはあんまり話せるようにはなりませんでした(苦笑)

 

このブログでお伝えしたいこと

大人になってから英会話を始めることは、難しいです。文法だってよくわからないし、発音もネイティブ並みになるのは今からじゃもう無理かも知れない。だって

私は日本人で、何十年も日本語しか話してこなかった

そう。

私も約10年前そこからスタートしました。でも、

 

不可能ではない!!

 

人間は何歳からだって自分がその気にさえなれば、成長できます。

 

音楽や映画

マンガや読書

植物を育てたり

お料理やスポーツ

など。

 

自分の好きなことなら続きますよね?

しかも、それを大好きな自分の子供と一緒にできたら楽しさ倍増v( ̄Д ̄)v イエイ

 

「私は英語ダメだけど、子供には話せるようになって欲しい」なんて呪文のように言ってませんか?

今や小学校では必須科目に英会話があります。それでもやっぱり毎日の積み重ねがあるかないかで、

将来

話せるようになるか

知っているけど話せない

のかが違ってきます。

 

「毎日英会話なんて通えない」

「自宅学習用のテキストなんて高くて買えない」

 

大丈夫です。

自宅で毎日お子さんとタダで出来ること、たくさんあります。

おうちの中なら子供と私だけの空間。

誰もあなたの英語がダメだとか、発音がおかしいだとか言いません。

 

とにかく毎日、何かしらの英語を聞いたり話したりする事が大事なんです。

 

「子供が英語を話せるようになったら嬉しい」だけではなく

「子供と一緒に英語で話せるようになったらこんなに楽しい!」

 

こんな風に思って頂けるようなことを、お伝えしていけたらと思っています。

 

続けていればこんな私だってある程度までなら、自力でなんとかなったんです!!(私の場合は習得の為にかなりの自己投資をしましたが)

私自身も子育て奮闘の真っ最中ですので、英会話だけではなく子育てに関することや、子供の成長と共に感じる疑問などにも向き合いながら、ブログを書いていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

 

ぷぷる